スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「AnimeJapan 2019」イベント特集 > 「さらざんまい」は第1話アバンから伏線の宝庫 村瀬歩「絶対に後悔させません」

特集・コラム 2019年3月24日(日)17:07

「さらざんまい」は第1話アバンから伏線の宝庫 村瀬歩「絶対に後悔させません」

矢逆一稀役を演じる村瀬歩

矢逆一稀役を演じる村瀬歩

イメージを拡大

東京ビッグサイトで開催中の「Anime Japan2019」で、2日目となる3月24日に、オリジナルテレビアニメ「さらざんまい」のスペシャルステージが開催された。矢逆一稀(やさかかずき)役の村瀬歩、久慈悠(くじとおい)役の内山昂輝、陣内燕太(じんないえんた)役の堀江瞬が登壇し、「少女革命ウテナ」や「輪るピングドラム」を手がけた幾原邦彦監督の新作として注目を集める同作の見どころを語った。

同作は、浅草を舞台に、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われたカッパに変身させられてしまった一稀、悠、燕太の3人が、もとの姿に戻るため“ゾンビの尻子玉”を奪うべく奔走するさまを描く。

ステージは、第1話アバンタイトル(導入部)の上映からスタート。村瀬は「このアバンだけでも結構なネタバレが潜んでいる。最終話まで見てからもう一度見ると、印象がかなり変わります」と、短い映像のなかに張り巡らされた伏線の存在を明らかにした。

すでに全話のアフレコが完了しているという同作。内山は「(幾原監督の)頭の中のビジョンがしっかりしていて、そこに乗っからせてもらった。気持ちのいい作業でした」と収録を振り返る。一方、連続するシーンとシーンの間で時間の隔たりがあるなど、幾原監督ならではの表現方法に苦戦する局面もあったという。堀江は、キャラクターの心情を身振り手振りでキャスト陣に説明する幾原監督の姿を思い出し、「一番おもしろかったです。絶対に僕たちを笑わせようとしてましたよね?」と和やかな収録現場の一幕を紹介した。

また、浅草の風景が背景美術として忠実に再現されていることにちなんだ、浅草にまつわるクイズも行われた。浅草寺の雷門の両脇に立つ像の名前を問われると、村瀬は「なんかマッチョな人!」と絵を描いて回答。その際に「風神雷神みたいな……」とつぶやき、正解判定になった村瀬が優勝を勝ち取ると、内山と堀江から抗議の声が。村瀬は動じずに「俺がさらざんまいだ!」と胸を張って、観客の笑いを誘った。

最後、村瀬からの挨拶では「映像が本当にすごい仕上がりで、これをテレビでやれるのかと驚いています。絶対に後悔はさせません」と強くアピールした。テレビアニメ「さらざんまい」は、4月11日から放送開始。

アニメハック編集部

「AnimeJapan 2019」イベント特集

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

さらざんまい

さらざんまい Check-in34

舞台は浅草。中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつ...

2019春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 矢逆一稀役を演じる村瀬歩

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ