スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 週末アニメ映画ランキング > 【週末アニメ映画ランキング】「竜とそばかすの姫」が「バケモノの子」を上回る好スタート

特集・コラム 2021年7月20日(火)19:00

【週末アニメ映画ランキング】「竜とそばかすの姫」が「バケモノの子」を上回る好スタート

(C)2021 スタジオ地図

イメージを拡大

7月17日~18日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。この夏の本命の一本、細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」が大ヒットスタートを切った。同作は、「時をかける少女」「サマーウォーズ」などの細田監督が、超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に、少女の成長を描いたオリジナル長編アニメ。7月16日より全国416スクリーンで公開され、土日2日間で動員45万9000人、興収6億8000万円を稼いだ。
 これは2018年7月に公開され、最終興収28億8000万円を記録した細田監督の前作「未来のミライ」の興収比170%の成績。公開3日間では動員60万6684人、興収8億9166万3200円をあげている。2015年7月に公開され、最終興収58億5000万円を記録した細田監督の「バケモノの子」を上回り、細田監督作品史上、興収No.1となることが期待できる出足。
 客層の男女比は44.5%:55.5%と女性が上回っており、女性層から支持を多く得ている。年齢層は20代が最も多く、次いで40代、僅差で30代、50代と続いており、女性を中心に、カップルや家族も多い。公開を記念して、第3弾ビジュアルも公開され、夏休みにどこまで数字を伸ばすか注目される。

2位は「東京リベンジャーズ」で、前週2位の「ゴジラvsコング」が3位、「ハニーレモンソーダ」は4位をキープし、前週3位の「ブラック・ウィドウ」が5位に続いている。

前週5位の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は6位で、累計動員は664万人、興収は101億5000万円を突破。7月21日に一部劇場を除き、いよいよ終映となる。アニメ作品のトップ10ランクインは「竜とそばかすの姫」と「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のみだが、公開14週目に入った「名探偵コナン 緋色の弾丸」が11位をキープし、累計動員は529万人、興収は74億円を超えた。前週9位の「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」は12位に後退したが、公開38日間の累計動員は91万人、興収は18億5000万円を突破している。

なお、7月22日から「サイダーのように言葉が湧き上がる」「劇場版 Gのレコンギスタ III 宇宙からの遺産」が公開される。

アニメハック編集部

週末アニメ映画ランキング

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

竜とそばかすの姫

竜とそばかすの姫 4

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。いつの間に...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。