スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 週末アニメ映画ランキング > 【週末アニメ映画ランキング】「THE FIRST SLAM DUNK」がV5、「ONE PIECE FILM RED」は再びランクイン

特集・コラム 2023年1月5日(木)19:00

【週末アニメ映画ランキング】「THE FIRST SLAM DUNK」がV5、「ONE PIECE FILM RED」は再びランクイン

(C)I.T.PLANNING,INC. (C)2022 SLAM DUNK Film Partners

イメージを拡大

12月31日~1月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。年末年始は上位3本に順位の変動はなく、「THE FIRST SLAM DUNK」が土日2日間で動員27万6000人、興収3億6200万円をあげ、5週連続で首位を獲得した。1月3日までの公開32日間の累計では動員461万人、興収67億円を突破している。関連書籍の発売や劇場オリジナルグッズの販売、入場者プレゼント情報など以外、作品内容についての新たな公式発表はないが、口コミによる広がりも見せているようだ。

すずめの戸締まり」も5週連続で2位をキープ。土日2日間で動員19万9000人、興収2億4500万円をあげ、累計では動員851万人、興収113億円を突破した。

3位には「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」が続き、前週5位の「Dr.コトー診療所」が4位、前週8位の「ラーゲリより愛を込めて」が5位と順位を上げている。

かがみの孤城」も6位をキープし、公開22週目に入った「ONE PIECE FILM RED」が7位に再びトップ10内にランクイン。1月1日から鑑賞者に原作者・尾田栄一郎氏が振袖姿のウタを描き下ろした「UTA HAPPY お年賀 2023」が全国合計20万枚限定で配布され、動員増に貢献した。累計興収は間もなく189億円に達する。

8位は「ブラックナイトパレード」、9位は「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIE バトルロワイヤル」。公開6週目に入った「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」は10位に踏みとどまっている。

なお、6日からテレビシリーズの特別総集編「名探偵コナン 灰原哀物語 黒鉄のミステリートレイン」、特別編集した劇場版「Dream Collaboration Festival ドリコラFes. アイカツ!シリーズ&プリティーシリーズ」が公開される。

アニメハック編集部

週末アニメ映画ランキング

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組