スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「第31回東京国際映画祭(TIFF)」ニュース一覧 > 石田祐康監督「ペンギン・ハイウェイ」“お姉さんのおっぱい”に込めた人の温もり

特集・コラム 2018年10月30日(火)18:00

石田祐康監督「ペンギン・ハイウェイ」“お姉さんのおっぱい”に込めた人の温もり

石田祐康監督が“おっぱい描写”に込めたものとは?

石田祐康監督が“おっぱい描写”に込めたものとは?

イメージを拡大

森見登美彦氏の小説を、新鋭・石田祐康監督がアニメ映画化した「ペンギン・ハイウェイ」が10月29日、第31回東京国際映画祭のJapan Now部門で上映された。石田監督は、TOHOシネマズ 六本木ヒルズでのトークショーに出席した。

短編「陽なたのアオシグレ」「台風のノルダ」を手がけたスタジオコロリドの第1回長編作品として製作された本作は、少し生意気な小学4年生・アオヤマ君に待ち受ける、ひと夏の不思議な体験を描いた。海のない住宅地にペンギンが出現する事件が発生し、謎を解くべく研究をはじめたアオヤマ君は、歯科医院のお姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身する瞬間を目撃する。

アオヤマ君は「お姉さんのおっぱい」に興味津々のため、質疑応答コーナーでは「この作品は、おっぱいが魅力的で、描写が素晴らしかったです。特に、お姉さんがアオヤマ君を抱きしめる場面で、胸が動く様子に慈愛を感じました。監督のおっぱいに対する思い、描き方への思い入れを教えてください」という質問があがった。

石田監督は、同シーンの意図を「アオヤマ君は最初は、もやもやした気持ちに対して『この気持ちはなんだろう』と問うていきます。お姉さんも、弟分としてアオヤマ君をかわいがっている。あのシーンでは、それを超えて、ある種2人が人として惹かれ合っている」と説明。「お姉さんは、これだけ自分に向き合って、自分のためにがんばってくれる少年に、人として信頼を置いている。『ありがとう』という気持ちを伝えたい、温かい気持ちがあるというか。おっぱいと言うと、こっぱずかしい話になってしまいますが、あのシーンは、アオヤマ君が人の温かみに触れるシーンとして、とても大切なものでした。お姉さんが“人間としての温かみを持っている”という、ひとつの象徴としても、描かなければいけなかったんです」と明かした。

「10回見た」という熱烈なファンの「森見先生の許可を得て、続編を作れるならやりますか?」という質問に対しては、「ちょっと恐れ多くて……話が出たとしても僕の方から『やめておきましょう』と言うかもしれないですね」と苦笑い。「この作品の『曖昧さ』というキーワードで考えると、続きを描かないで想像に委ねた方がいいのかな。アオヤマ君の未来を『研究をやりとげてお姉さんに会うだろう』と考える人もいるが、お姉さんのアオヤマ君への“問いかけ”はアオヤマ君の一生を縛る呪いでもあるかもしれない。それは人それぞれですもんね。ということを考えると、怖くてなかなか(笑)」と明かす。

さらに、「可能性がなくもないと思えるのは、むしろ過去。森見先生の『郵便少年』という(『ペンギン・ハイウェイ』の前日譚を描いた)作品があるのですが、そういったものの方がまだ描きやすいかな。まだ『描きたい!』とは言えませんが(笑)。あれも素敵な作品ですよね」と付け加えた。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷などで開催。

アニメハック編集部

「第31回東京国際映画祭(TIFF)」ニュース一覧

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハック編集部)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ Check-in8

小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。利口な上、毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったときにどれほど偉くなっているか、見当もつかない。そんな...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ