スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 第34回東京国際映画祭(TIFF2021)公式アニメ特集 > 仮面ライダー50周年をJ・キャメロン監督も祝福 藤岡弘、「永遠に走り続けます」

特集・コラム 2021年11月1日(月)13:28

仮面ライダー50周年をJ・キャメロン監督も祝福 藤岡弘、「永遠に走り続けます」

登壇した藤岡弘、

登壇した藤岡弘、

イメージを拡大

第34回東京国際映画祭の「ジャパニーズ・アニメーション」部門で10月31日、「仮面ライダー」の未来へと題した特集上映が角川シネマ有楽町で行われ、本郷猛(仮面ライダー1号)役の藤岡弘、がトークショーを行った。

「仮面ライダー対ショッカー」「仮面ライダー対じごく大使」「仮面ライダーV3対デストロン怪人」の3作品を上映。今年は仮面ライダーの生誕50周年に当たり、藤岡は「映像は国境、民族を超えて勇輝、希望、正義、夢を与えてくれる素晴らしいもの。50年も続いたことに改めて感慨深い思いがある」としみじみ語った。

イメージを拡大

イメージを拡大

1971年の放送当時は、「改造人間で、二度と人間には戻れない悲しみと苦しみを背負ったヒーローが、敢然と敵に立ち向かうことに意義を感じた。子どもたちのキラキラした視線が大きな支えとなり、自分を律してきた」と述懐。「昭和、平成、令和と親から子ども、子どもから孫へと受け継がれ、家族で語り合えるヒーローは仮面ライダーだからこそ。それはすごいなと思うし、ここまで続いてきた要因でもある」と分析した。

イメージを拡大

25年来の親交があるジェームズ・キャメロン監督が、「友達で偉大なヒーローである藤岡さん、仮面ライダーが50年続いたことに敬意を表します。仮面ライダーは永遠に走り続けてほしい」とビデオメッセージを寄せた。藤岡も、「世界中の子どもたちが求めてやまない存在。石ノ森章太郎先生も『仮面ライダーは永遠なんだ』とおっしゃっていた。これからも走り続けます」と応じた。

今後も「まだまだ夢は持ち続けている。それに体も応えてくれている」と意気軒高。そして、「国境、民族を超えて感動できる映像作品に参加して、武士道精神や家族の絆を世界に伝えていきたい。そういう心のある人たちと作品を作り続けていきたい」とさらなる意欲を見せた。

第34回東京国際映画祭は、11月8日まで開催される。

映画のことなら映画.com
アニメハック編集部

第34回東京国際映画祭(TIFF2021)公式アニメ特集

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハック ヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

イベント情報・チケット情報

第34回東京国際映画祭 (TIFF) 0
開催日
2021年10月30日(土)
場所
東京都

フォトギャラリー

  • 登壇した藤岡弘、

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。