ホーム > 2006年夏アニメ > ハチミツとクローバーII

ハチミツとクローバーII Check-in1

2018年2月7日更新

ハチミツとクローバーII Check-in1

放送時期2006年夏アニメ

制作会社
  • J.C.STAFF
スタッフ情報
  • 【原作】羽海野チカ
  • 【監督】長龍雪井
  • 【シリーズ構成・脚本】黒田洋介
  • 【監修】カサヰケンイチ
  • 【キャラクターデザイン】島村秀一
  • 【キャラクター監修】羽海野チカ
  • 【総作画監督】兵渡勝
  • 【撮影監督】大河内喜夫
  • 【編集】西山茂
  • 【美術監督】柴田千佳子
  • 【色彩設定】石田美由紀
  • 【音響監督】明田川仁
  • 【音響制作】マジックカプセル
  • 【音楽】DEPAPEPE、林有三&サロン’68
  • 【オープニング演出】平野文子
  • 【プロデュース】GENCO
ハチミツとクローバーII
あらすじ
ボロアパートで貧乏ながらも楽しい生活を送る美大生・竹本、真山、森田。ある日3人は、花本先生の紹介で、編入してきた花本はぐみと出会う。竹本と森田ははぐみを見て一瞬で恋に落ちるが、それぞれの不器用さから、自分の気持ちを上手く表現できない。一方、真山は自分に好意を寄せる山田の気持ちを知りながらも、バイト先の建築デザイナー・理花への想いが強まるばかり。2つの微妙な三角関係を軸に物語は始まった…。恋心どころか、進むべき未来すら分からなくなって「自分探しの旅」に出てしまった竹本。周囲の想いに気づかず、一心不乱に絵を描くはぐみ。はぐみへの突然のキスの後、自身も混乱し海外へ逃亡、いつの間にか日本画科への編入生として浜美に戻っていた森田。無事就職したデザイン会社を辞め、再び理花のもとで働きはじめる真山。その真山のことをあきらめきれない山田。お互いの、そして自分自身の気持ちにゆっくりと気づきはじめていく一方で、容赦なく日々は流れていく。それぞれの華奢な未来と向き合い、憂い、もがき、まわり続ける5人の片想いのゆくえは…?
音楽
  • 【OP】YUKI「ふがいないや」
    【ED】スネオヘアー「スプリット」
キャスト

イベント情報・チケット情報

詳しくはこちら

(C) 羽海野チカ/集英社・ハチクロ II 製作委員会

作品データ提供:あにぽた

関連記事

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ