スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ひるね姫」主題歌で高畑充希演じる主人公ココネが名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」をカバー

2016年11月24日 20:30

「ひるね姫」主題歌で高畑充希演じる主人公ココネが名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」をカバー

(C)2017 ひるね姫製作委員会

イメージを拡大

神山健治監督の最新作「ひるね姫 知らないワタシの物語」の主題歌が、1967年に「モンキーズ」が発表し、日本のロックバンド「タイマーズ」がカバーしたことで知られる「デイ・ドリーム・ビリーバー」に決定した。女優の高畑充希が演じる主人公・森川ココネが歌い、主題歌もストーリーの一部だと考える神山健治監督からの「主人公に歌ってほしい」という熱烈なオファーを高畑が快諾し、実現の運びとなった。

「ひるね姫」は「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや「東のエデン」などで知られる神山監督のオリジナル長編アニメ。岡山・倉敷に住む女子高生のココネが、夢と現実の2つの世界で繰り広げる冒険を描く物語で、ココネは警察に逮捕されてしまった父を救うために奔走するなかで、何度も見ていた不思議な夢が事件解決の鍵を握っていることに気付く。

主題歌について神山監督は「高畑さんは歌い手としても優れていることはわかっていましたが、『デイ・ドリーム・ビリーバー』を最初に聞いた時は、思わずニヤニヤしてしまうくらい嬉しかったです。この楽曲は、高畑さんに歌っていただくのでなければ意味がありません」と熱弁。高畑は「自分が声優を務めた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。カバーするには勇気が必要で、私で大丈夫かなという不安な気持ちもありました。ですが、『役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたい』と監督がおっしゃったので、チャレンジさせていただくことになりました」と話している。

また、予告編映像も新たに公開された。ココネや幼なじみのモリオらが過ごすごく普通の日常は、ココネの父が突然警察に逮捕されてしまったことで一変。以降は、海中から謎の怪物が現れるなど、思いもよらない不思議なできごとが巻き起こっていく。

「ひるね姫 知らないワタシの物語」は、2017年3月18日から全国公開。

作品情報

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ Check-in13

「最近、同じ夢ばっかり見る」
一日中、眠くて眠くて、家でも学校でもつい居眠りしてしまう女子高生の森川ココネ。2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日、彼女の家族に事件が起きる。父親のモ...

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ