スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「蒼天の拳 REGENESIS」霞拳志郎役はテレビアニメ第1弾から山寺宏一が続投

2017年12月25日 12:00

「蒼天の拳 REGENESIS」霞拳志郎役はテレビアニメ第1弾から山寺宏一が続投

(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001,(C)八津弘幸・辻秀輝 2017
(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, (C)蒼天の拳 2018

イメージを拡大

TOKYO MXほかで2018年4月からスタートするテレビアニメ「蒼天の拳 REGENESIS」の主人公・霞拳志郎の声優を、06~07年に放送されたテレビアニメ「蒼天の拳」から引き続き山寺宏一が続投することが決まった。

原作漫画「蒼天の拳」は、原哲夫氏によって01~10年に「週刊コミックバンチ」(新潮社刊)で連載され、原氏が武論尊氏と手がけた代表作「北斗の拳」の前日譚を描いている。第2次世界大戦の勃発を目前とする1935年ごろを舞台に、一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”1800年の歴史上、最も奔放苛烈で最強と呼ばれた第62代伝承者・拳志郎と強敵との激闘を描く。また、「月刊コミックゼノン」(徳間書店刊)では、拳志郎の最後の戦いを描いた第2部「蒼天の拳 リジェネシス」が連載中。テレビアニメ版公式サイトでは拳志郎やほかキャラクターたちの動く姿も見られる特報映像も配信中だ。

拳志郎役の続投について山寺は「大好きな拳志郎をふたたびアニメで演じる事が出来るなんてうれしすぎます! 本作は映像がリアルで迫力があり、登場人物たちも見ほれるぐらいめちゃくちゃかっこいいんです! われわれ声のキャスト陣も負けてはいられません! どちらかというと華奢(きゃしゃ)な感じの私ですが、マイクの前では大胸筋をグッと膨らませ、拳志郎になりきって、その生き様を演じたいと思います! 乞うご期待!」と収録への意気込みを語っている。

このほか、メインスタッフも発表された。監督は「劇場版ポケットモンスター」シリーズの鹿住朗生が務めるほか、シリーズ構成・脚本は尾崎悟史、キャラクターデザインは「ストリートファイターIV~新たなる絆~」の勅使河原一馬、佐藤宏美が担当する。なお、アニメーション制作は「GODZILLA 怪獣惑星」のポリゴン・ピクチュアズが行う。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ