スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 10月10日公開「GAMBA」エンドロールをアートディレクター・森本千絵が描きおろし

ニュース 2015年8月2日(日)20:00

10月10日公開「GAMBA」エンドロールをアートディレクター・森本千絵が描きおろし

本編エンドロール用に描き下ろされたガンバとマンプク

本編エンドロール用に描き下ろされたガンバとマンプク

(C)SHIROGUMI INC., GAMBA

イメージを拡大

「STAND BY ME ドラえもん」や「ALWAYS 三丁目の夕日」で知られる映像制作会社・白組が制作し、10月10日から劇場上映を開始する3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」のエンドロールを、アートディレクターの森本千絵が描きおろすことがわかった。

エンドロールの映像に先駆け、主人公・ガンバと、その相棒・マンプクがスクリーンを飛び出して街を旅する様子を描いた、温かみを感じられるカットが公開されている。

森本千絵は、オンワード樫山、Canonなどの企業広告や、Mr.ChildrenのCDジャケット、映画「海街diary」の宣伝ビジュアルデザインを手がけ、さまざまなメディアにおける功労者を讃える伊丹十三賞を、史上最年少かつ女性で初めて受賞したアーティストだ。

このたびの参加は、製作総指揮を務める白組・島村達雄社長からの「もうひとつ別の作品を作るくらいの気概で臨んでほしい」というオファーで実現した。その島村の熱意に応え、森本はエンドロールの企画・演出のほか、同作の宣伝に関わる全体的なコンセプトを担当することも決定している。

同作は、斎藤惇夫による児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が原作。まだ見ぬ海を目指す旅に出た街ネズミ・ガンバは、旅の中で出会った仲間たちとともに、島ネズミ・忠太らを苦しめる恐るべき白イタチ・ノロイとの戦いに挑む。

作品情報

GAMBA ガンバと仲間たち

GAMBA ガンバと仲間たち Check-in1

都会の片隅で、町ネズミのガンバとマンプクは楽しく暮らしていた。ある日ガンバは、「海は世界で一番広くて大きい」と聞き、海を目指す旅に出る。二匹は港で船乗りネズミの宴に参加するが、そこへ弱りきった島...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 本編エンドロール用に描き下ろされたガンバとマンプク
  • 「GAMBA ガンバと仲間たち」エンドロールビジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。