スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【映画興行ランキング】「同級生」初登場9位、「ガールズ&パンツァー 劇場版」が4DX上映で8位に返り咲き!

ニュース 2016年2月23日(火)19:00

【映画興行ランキング】「同級生」初登場9位、「ガールズ&パンツァー 劇場版」が4DX上映で8位に返り咲き!

「同級生」キービジュアル

「同級生」キービジュアル

イメージを拡大

2月20~21日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作では、中村明日美子の人気ボーイズラブ漫画をアニメーション映画化した「同級生」が、初登場9位にランクインした。オープニング2日間で動員2万3395人、興収3430万8700円をあげており、全国30スクリーンの公開規模ながら各劇場で高い稼動をみせている。

また、昨年11月21日から公開され、これまでに興収11億円を稼いでいるアニメ「ガールズ&パンツァー 劇場版」が、全国99スクリーンで新たに上映され、週末2日間で動員3万0091人、興収5966万1700円を記録、前週の24位から8位に大幅ジャンプアップした。2月20日より4DX上映と新規劇場での上映がスタートし、来場者特典も配布されたことなどが新たな動員につながったようだ。

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は7位から10位に後退したものの、いまだトップ10内に残るねばり強い興行を展開している。

なお、「オデッセイ」が3週連続1位を獲得し、累計興収は22億円を突破。2位の「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」も好調をキープ、累計動員は280万人を超えた。「X-ミッション」が初登場で3位にランクインし、「さらば あぶない刑事」が4位、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が5位と続く。「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」は初登場7位だった。

作品情報

同級生

同級生 Check-in5

高校入試で全教科満点をとった秀才の佐条利人、ライブ活動をして女子にも人気のバンドマン草壁光。およそ交わらないであろう二人の男の子。そんな「ジャンルが違う」彼らは、合唱祭の練習をきっかけに話すよう...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「同級生」キービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。