スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「マクロスΔ」ハインツの歌唱パートをメロディー・チューバックが担当 ハインツの挿入歌を収録したOSTも発売

音楽 2016年4月24日(日)23:00

「マクロスΔ」ハインツの歌唱パートをメロディー・チューバックが担当 ハインツの挿入歌を収録したOSTも発売

メロディー・チューバックが歌唱パートを担当!

メロディー・チューバックが歌唱パートを担当!

イメージを拡大

放送中のテレビアニメ「マクロスΔ」に登場する、ウィンダミア王国の王子ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミアの歌唱パートを、雑誌モデルとしても活動する女性歌手メロディー・チューバックが担当することがわかった。

「マクロスΔ」は、前作「マクロスF」から8年後の西暦2067年が舞台。人々を狂暴化させる「ヴァール」シンドローム鎮静化のため、星間複合企業体は、5人の少女たちによる戦術音楽ユニット「ワルキューレ」と共同作戦を展開。一方「風の王国」のバルキリー部隊「空中騎士団」も動き始め、星系を超えた恋と友情の物語が描かれる。

「マクロスΔ」のオリジナルサウンドトラック第1弾が6月22日に発売されることも決定した。「ケロロ軍曹」の鈴木さえ子、「鬼灯の冷徹」のTOMISIRO、「ゲゲゲの女房」の窪田ミナが参加し、大編成のオーケストラサウンドを中心とした音楽を作り上げている。劇中に登場する戦術音楽ユニット・ワルキューレが歌うオープニング&エンディング主題歌のテレビサイズや、ハインツによる挿入歌「オーラ・サーラ~光る風~」「ザルド・ヴァーサ!~決意の風~」など全30曲を収録し、価格は2900円(税抜き)。

作品情報

マクロスΔ

マクロスΔ Check-in45

西暦2067年…銀河系辺境の星系を中心に、我を失い凶暴化し破壊の限りを尽くす“ヴァール”シンドロームが、拡大しようとしていた。事態を重く見た星間複合企業体は、その症状を沈静化するため、少女たちに...

2016春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • メロディー・チューバックが歌唱パートを担当!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ