スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 安済知佳、戸松遥、豊崎愛生が語る「クズの本懐」 心の闇を描きだすストーリー「役者冥利に尽きる」 > (3)

インタビュー 2017年2月24日(金)10:00

安済知佳、戸松遥、豊崎愛生が語る「クズの本懐」 心の闇を描きだすストーリー「役者冥利に尽きる」 (3)

■「クズの本懐」が明らかになるクライマックスへ 一周回ってキャラクターたちの苦しみすらも美しく見えてくるストーリーに注目

――これまでの展開の中で、特に印象に残っているセリフやシーンはありますか?

(C) mengo yokoyari/SQUARE ENIX

イメージを拡大

豊崎:私は、原作を読んでいない方が、初めて茜さんの闇を垣間見るであろう、第3話のラストがとても楽しかったです。「えー、やだ。友達です」っていうセリフなんですが、絵に色が付いて動くと……悪い顔してたねえ(笑)。

戸松:ホントに悪い顔してた!

豊崎:私がやっているラジオに、原作を読んでいない男の子から「こんな先生がいたらいいなと思ってます」っていうお手紙が届いたこともあったんですが……。

安済:だまされてるー!!

豊崎:きっと衝撃的だったと思います(笑)。闇深いストーリーの幕開けを告げるシーンとして、力を入れて演じました。

安済:幼少期の花火の登場シーンが、私の中でのキーポイントかもしれません。幼い花火自身との対話……自問自答のシーンが印象深いですね。幼少期の花火は、お兄ちゃん(鐘井)に恋したその時の彼女で、花火の中に残っている純粋さを象徴しているように思います。それを今の感情を優先してねじ伏せていくという、そのあがき具合に心をえぐられます。

また、プチ家出した花火を、お兄ちゃんが探しに来てくれた回想での「あなたが色をそえる」というセリフがとてもお気に入りです。恋に落ちたその瞬間が、とてもよく表現されたシーンだと思います。ほかには、シリアスとコミカルとのギャップも毎回楽しいです(笑)。

戸松:早苗としては、これから山場を迎えますが、これまでの展開の中だと、花火が「自分のことを諦めてほしい」と伝えてきた時のモノローグ「手放してあげない」のパンチ力は強烈でしたね。闇落ちした瞬間です(笑)。

安済:えっちゃんがいっちゃったぁぁぁ!!

戸松:ト書きにも「目に光がない」って書いてありました(笑)。監督もこだわって画作りをされたと思います。もちろん、早苗の中でも、迷いや後ろめたさを吹っ切って決意を固めた瞬間なので、全身全霊をかけて演じました。

――ところで、現場の雰囲気はどんな感じなのでしょうか? 男性キャストの方もいらっしゃいますが……。

イメージを拡大

豊崎:お芝居の上でのバトルは頻繁に勃発していますが、収録現場はとてもなごやかです。

安済:男性キャストのみなさんは、客観的に「あーあ……」みたいな感じですね。ノッブさん(麦役の島﨑信長)は、パッションで突っ走る私とは逆に、考えを積み重ねてお芝居される方なので、ストーリーやキャラクターの心情の分析に「なるほど!」と思わされることもしばしばです。そういうところは、麦によく似ているのかもしれません。

豊崎:(鐘井役の)ノジケンさん(野島健児)さんは癒し系。今日もお米の炊き方で盛り上がっていました。みんなをニコニコ見守ってくれる、まさに「お兄ちゃん」です。私はあまり声を大にして言えませんが、やっぱりみんなどこか役に通じるところがあるようです(笑)。

――それでは最後に、クライマックスに向けての見どころを教えていただけますか?

戸松:新キャラの登場により、主に早苗の周囲の人間関係が大きく変化していき、彼女の花火に向けた恋心の結末が、ひとつの山場になってくると思います。それぞれ(のキャラクター)にとって一番幸せな形を見つけるのはとても難しいことなので、最終的にどんな形で着地するのか、我々キャスト一同も楽しみにしています。生々しい人の心の動きに真剣に向き合う「クズの本懐」を、最後まで見守っていただけると、とても嬉しいです。

(C) mengo yokoyari/SQUARE ENIX

イメージを拡大

豊崎:タイトル通り、「クズ」のみなさんそれぞれの「本懐」が見られると思います。最後まで、一筋縄ではいかないストーリーが待っているので、最後まで見逃さずにご覧ください。エロティックな濡れ場も多いセンセーショナルな作品ですが、必ずしもそこに重点が置かれているわけではなく、それらは人間の心の弱い部分や、肉体と乖離(かいり)してしまう精神面などを描くために必要な要素だと思います。キャスト一同、心の動きや流れをていねいに表現できるようがんばっていますので、ドキドキしてしまうようなシーンも、こっそりと楽しんでください(笑)。

安済:こじれたものが、次々と解かれていきますが、それが青臭かったりもして、この作品らしい結末が待っています。心がえぐられて苦しいけど、それが心地よく、一周回って美しく見えてくる。最後には救いがあるお話なので、ぜひ希望を持って見ていただきたいと思います。

――本日はありがとうございました。

1 2 3 次のページへ

作品情報

クズの本懐

クズの本懐 40

高校二年生の安楽岡花火は、叶わぬ恋に身を焦がしていた。大事な人を傷つけ、傷つきながらも求めてしまう人のぬくもり。これは、あまりにも純粋で歪んだ恋愛ストーリー。

2017冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 戸松遥、安済知佳、豊崎愛生(左より)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。