スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ポリゴン・ピクチュアズ制作「Lost in Oz」デイタイム・エミー賞5部門ノミネート

ニュース 2017年3月30日(木)22:00

ポリゴン・ピクチュアズ制作「Lost in Oz」デイタイム・エミー賞5部門ノミネート

イメージを拡大

「亜人」「シドニアの騎士」で知られるアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズが制作したフル3DCGアニメーション「Lost in Oz: Extended Adventure」が、第44回デイタイム・エミー賞にノミネートされた。エミー賞は、米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する、アメリカ国内で放送されたテレビ番組に与えられる権威ある賞で、デイタイム・エミー賞は、その中でも日中に放送された番組に贈られる。

「Lost in Oz: Extended Adventure」は、Amazonプライム・ビデオとBureau of Magicが展開するオリジナルアニメーションシリーズ「Lost in Oz」のスペシャル版で、2016年12月2日にAmazonプライム・ビデオで公開された。本編「Lost in Oz」は、ライマン・フランク・ボームの名作「オズの魔法使い」をモチーフとしたアクションアドベンチャーコメディで、現代的な大都会エメラルド・シティに迷い込んでしまった12歳の少女ドロシー・ゲイルが、魔女の卵であるウェスト、巨大なマンチキン(小人族)のオージョー、飼い犬のトトらとともに、故郷カンザスへ帰るための魔法を探す大冒険に身を投じる。

このほど「Lost in Oz: Extended Adventure」がノミネートされたのは、子ども向けアニメーション番組部門、アニメーションシリーズ・特別番組キャスティング部門、アニメーション番組脚本部門、アニメーション番組音響部門、アニメーション番組音響編集部門の5部門。ポリゴン・ピクチュアズ作品のエミー賞へのノミネートは、第4回国際エミー賞受賞作「山賊の娘ローニャ」、第40回および第41回デイタイム・エミー賞受賞作「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」、第39回デイタイム・エミー賞受賞作「トランスフォーマー プライム」「トランスフォーマー ロボッツインディスガイズ」に引き続き、通算5作品目となる。

なお、第44回デイタイム・エミー賞の授賞式は4月28、30日に行われる予定。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。