スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 巨匠・高畑勲監督が死去、享年82歳 鈴木敏夫氏が追悼「さぞかし無念」

ニュース 2018年4月6日(金)18:00

巨匠・高畑勲監督が死去、享年82歳 鈴木敏夫氏が追悼「さぞかし無念」

死去した高畑勲監督

死去した高畑勲監督

イメージを拡大

日本アニメーション界の巨匠、高畑勲監督が4月5日に死去していたことがわかった。享年82歳だった。スタジオジブリは6日、鈴木敏夫プロデューサー名義で「やりたい事がいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います。宮崎駿とも相談し、ジブリとして盛大なお別れの会をとり行い、見送ることにしました」とコメントを発表した。通夜および葬儀は近親者のみで執り行い、5月15日に「お別れの会」が営まれる予定だという。

高畑監督は1935年10月29日、三重・伊勢市生まれ。59年に東京大学を卒業し、東映動画(現・東映アニメーション)に入社。68年に「太陽の王子 ホルスの大冒険」で監督デビューを果たした。東映動画退社後は、テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」(74)、「母をたずねて三千里」(76)、「赤毛のアン」(79)などを演出・監督した。

85年に、盟友・宮崎駿監督とともにスタジオジブリの設立に参加し、「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」などの名作を生み出した。13年には「ホーホケキョとなりの山田くん」以来14年ぶりの長編作「かぐや姫の物語」を手がけ、第87回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされるなど、国内外で高い評価を得ていた。

映画のことなら映画.com

作品情報

アルプスの少女ハイジ

アルプスの少女ハイジ Check-in2

1才にして両親を亡くしたハイジは5才の時におばのデーテのもとからアルムおんじのもとに預けられます。アルプスの大自然のもとで明るくのびのびと暮らす毎日はとても幸せなものでした。ところがハイジが8才...

1974冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ