スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > アニメ「転スラ」に岡咲美保、前野智昭、江口拓也、日高里菜ら出演 ビジュアル&PVも完成

ニュース 2018年6月8日(金)12:00

アニメ「転スラ」に岡咲美保、前野智昭、江口拓也、日高里菜ら出演 ビジュアル&PVも完成

ビジュアル、PV、場面写真、キャストが一挙発表

ビジュアル、PV、場面写真、キャストが一挙発表

イメージを拡大

伏瀬氏の小説をテレビアニメ化する「転生したらスライムだった件」のメインビジュアル、第1弾PV、場面写真、メインキャストが一挙に発表された。主人公リムルを岡咲美保が演じるほか、前野智昭、花守ゆみり、M・A・O、江口拓也、大塚芳忠、日高里菜らが共演する。

原作小説「転生したらスライムだった件」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で4億ページビューを記録し、シリーズ累計発行部数が550万部を突破する人気作。川上泰樹氏によるコミカライズも「月刊少年シリウス」(講談社刊)で連載されている。サラリーマンの三上悟は、通り魔に刺されて命を落とし、目が覚めるとスライムとして異世界に転生していた。リムルという新たな名を得た悟は、転生時に身につけたユニークスキル「大賢者」と「捕食者」を駆使して、さまざまな種族の仲間を増やしていく。

キャストはリムル役の岡咲をはじめ、リムルのユニークスキルのひとつである大賢者を豊口めぐみ、リムルが転生後に最初に出会うドラゴンのヴェルドラを前野、リムルの運命に大きな影響を与える女性シズを花守が担う。岡咲は、「私もリムルと一緒に、声優として成長していきたいです」と意欲満々。一方の前野は、「非常に面白いキャラクターなので皆さんの記憶に残るお芝居ができるといいなと思います」と述べ、花守は「オーディションのお話をいただいた際、シズは普段なかなか受けることのないタイプのキャラクターだったのですが、不思議と惹かれ、すんなりと役に入ることができたのが印象的でした」と役の印象を明かしている。

さらに、大鬼族(オーガ)の族長の息子・ベニマルを古川慎、大鬼族の姫シュナを千本木彩花、シオンをM・A・O、ソウエイを江口、ハクロウを大塚が演じ、竜魔人(ドラゴノイド)のミリムを日高が担当。M・A・Oは、「シオンさんはクールな外見とは裏腹に、とても直情的なキャラクターだということなので、喜怒哀楽の感情を思い切り解放できるよう頑張りたいです」と話し、江口は「ソウエイという役を、全力で演じたいと思います」とアピール。日高は、「原作のPVのナレーションでお世話になっていたので、テレビアニメの方でもミリム役として作品に関われること、大変うれしく思っています!」とコメントを寄せている。

メインビジュアルは、人型に変身したリムルが笑顔を浮かべる姿が描かれ、その胸元にはスライム型のリムルが配されている。さらにリムルを囲むように、他のキャラクターも散りばめられ、にぎやかなビジュアルに仕上がっている。また第1弾PVは、リムルとミリムの声が収録されている。

「転生したらスライムだった件」は、今秋から放送開始。

作品情報

転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件 Check-in102

サラリーマン三上悟は気がつくと異世界に転生していた。ただし、その姿はスライムだった。魔物種族と仲間となり、獲得したスキルを駆使しながら、さまざまな問題を解決していくスライム創世記。

2018秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ビジュアル、PV、場面写真、キャストが一挙発表
  • リムル
  • ヴェルドラ
  • シズ
  • ベニマル
  • シュナ
  • シオン

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。