スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「臨死!! 江古田ちゃん」TVアニメ化 監督は杉井ギサブロー、高橋良輔ら12人

ニュース 2018年8月17日(金)22:00

「臨死!! 江古田ちゃん」TVアニメ化 監督は杉井ギサブロー、高橋良輔ら12人

(C)瀧波ユカリ・講談社/臨死‼ 江古田ちゃんアニメ製作委員会

イメージを拡大

瀧波ユカリ氏の4コマ漫画「臨死!! 江古田ちゃん」のテレビアニメ化が決定した。2019年1月からTOKYO MX、AT-Xほかで放送を開始する。

2005~14年に「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載された原作は、男受けのいい女性を“猛禽(もうきん)”と呼び、天敵とする女性・江古田ちゃんが、テレフォンオペレーターやヌードモデル、ホステスなど、さまざまな職業に従事しながら暮らす日々を赤裸々に描く。09年に「臨死!! 江古田ちゃんinオールナイトニッポン」としてラジオドラマ化され、11年には「元気!! 江古田ちゃん」のタイトルでテレビアニメ化、鳥居みゆきの主演でテレビドラマ化もされた。

新たなテレビアニメ版は、1話ごとに監督やキャラクターデザイン、制作会社、声優などが交代するオムニバス形式の作品となる。監督として「タッチ」の杉井ギサブロー、「装甲騎兵ボトムズ」の高橋良輔、「おじゃる丸」の大地丙太郎、「ローゼンメイデン(新)」の望月智充、「capeta」の三沢伸、「狼と香辛料」の高橋丈夫、「食戟のソーマ」の米たにヨシトモ、「BECK」のコバヤシオサム、「メイドインアビス」の小島正幸、「おそ松くん」のしぎのあきら、「蟲師」の長濱博史、「18if」の森本晃司の12人が名前を連ね、1話ごとに異なる江古田ちゃんのキャラクターデザインも公開されている。

監督陣の豪華な顔ぶれには、杉井監督も「それぞれの監督が江古田ちゃんの生き様をどんな視点で描くのか? 参加している監督陣も楽しみにしているに違いない。こんな競演もめったにできることじゃない。ぜいたくなディナーをいただく前のような気分でワクワクしている」と胸を弾ませる。原作者の瀧波氏も「非常に信じられない思いでいっぱいであるとともに、みなさま無茶しやがって……と万感の思いに包まれております。そして未だに『これってほんとなんだろうか』とほっぺたをつねりまくる自分がおります」と企画実現の喜びを語っている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ