スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「群青のマグメル」に河西健吾、M・A・Oら出演 主人公・因又を描いたティザービジュアル公開

ニュース 2018年11月6日(火)22:00

「群青のマグメル」に河西健吾、M・A・Oら出演 主人公・因又を描いたティザービジュアル公開

イメージを拡大

テレビアニメ「群青のマグメル」のメインキャストが決定した。主人公・因又(インヨウ)を河西健吾が演じるほか、因又の助手の少女・ゼロ役にM・A・O、兵器開発などを行う極星社勤務の女性エミリア役に山村響、因又の師匠・拾因(シュウイン)役に森川智之が起用された。あわせて公開されたティザービジュアルには、広大な大自然と怪獣たちをバックに、浮遊する因又が描かれており、壮大な冒険を予感させるものとなっている。

キャスト陣からコメントも寄せられており、因又役の河西は、「僕自身も読んでいる作品だったのでそれだけでもうれしいのに、作品に関われること、すごく光栄に思っております」と喜び、ゼロ役のM・A・Oは、「ゼロちゃんは大人の女性に憧れて、ちょっと背伸びをしているようなところがとてもチャーミングだと感じました。さまざまな依頼人が訪れるなか、因又さんの隣で助手として奮闘する姿を、アニメでもぜひ楽しんでいただけたらうれしいです」と語っている。

同作は、無料WEB漫画「少年ジャンプ+」および中国の「翻漫画」で「拾又之国」のタイトルで連載中の第年秒氏による冒険ファンタジー。新大陸マグメルに、未知なる生物や資源を求める冒険家たちの探索救助を生業とする拾人者(アングラー)・因又が、「構造力」と呼ばれる特殊な力で救助や依頼をこなしていく。そんななか、因又はある依頼を機に大企業の背後に潜む陰謀に巻き込まれてしまう。

作品情報

群青のマグメル

群青のマグメル Check-in0

突如、世界の中心に現れた新大陸・マグメル。未知なる生物や資源が眠る大陸の出現に、世界は再び探検家時代に突入! そんな欲望渦巻くマグメルで少年・ヨウは、探検家達の救助を生業としていて・・・。

新作・今期アニメTOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 因又(CV:河西健吾)
  • ゼロ(CV:M・A・O)
  • エミリア(CV:山村響)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ