スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」リレーインタビュー(3)杉山紀彰&下屋則子 何気ない日常が厳しい現実を際だたせる > (2)

インタビュー 2019年1月3日(木)18:00

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」リレーインタビュー(3)杉山紀彰&下屋則子 何気ない日常が厳しい現実を際だたせる (2)

(C) TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

イメージを拡大

―― 重苦しいトーンの第1章のなかで数少ないホッとさせるシーンが、中華料理店で士郎と綺礼が話すシーンでした。中田(譲治)さん演じる綺礼から「食うか?」と聞かれた士郎が「食うか!」と食い気味で返すところは絶妙なタイミングだったと思います。

杉山:ありがとうございます(笑)。あそこのバランスは難しかったといえば難しかったですね。あのシーンは何回かニュアンスを変えて録り直しています。最初は、シリアスなドラマの中の箸休め的な場面ですから、面白くしていいのかなとも考えたのですが、本編のテイストや士郎の立ち位置を考えると、とってつけた感じになって、おかしくなってしまうだろう。そう思って、最初はギャグっぽい感じがありつつも淡々と真面目な方向でやったら、「気持ちクスッと笑えるような雰囲気にしたいです」とのオーダーをいただいたので、もう1回やったら、「それだとコメディのほうに寄りすぎてしまうから、その真ん中ぐらいを狙いましょう」と(笑)。

―― なるほど(笑)。

杉山:その後も何回かテイクを重ねて、バランスを探っていきました。芝居の細かいニュアンスが全体に影響してくるという意味で、ここは「Fate[HF]」のテイストが分かりやすいシーンだとも思います。仮に「衛宮さんちの今日のごはん」だったら同じシーンやセリフでも、まったく違う表現になっていたはずですから。
 アフレコの話でいいますと、第1章は僕らがアフレコをしたときの台本と、完成した映像で、細かく違っているところがけっこうあるんですよ。

―― そうなのですね。例えば、どんなところでしょうか。

杉山:完成した映像では、冒頭で(間桐)臓硯が聖杯戦争とは何かと語るくだりがありますが、あそこの映像は台本になかったんですよ。おそらく津嘉山(正種)さんのお芝居を聴いたスタッフの皆さんが、このセリフは作品の冒頭で聴いてもらったほうが世界観の理解度も深まるし、作品の奥深さもより表現できるんじゃないかというような考えで再構築された結果、あのようになったのだと思います。
 きっと第2章でも僕らが声を録ったときから完成映像になるときに変わってくるところがあると思うので、それが今から楽しみでもあります。

―― 第1章では、士郎と桜が洗濯物をたたんだり、(藤村)大河やセイバーと食卓を囲んだりと、日常の大切さが丹念に描かれていると感じました。

杉山:人間って体調がよくて気分がいいときには、普通にすごせていることが幸せだとなかなか感じられませんが、例えばお腹が痛くなったり、コンディションがひどい状況になったりしたときに、はじめて「何もない普通の状況って幸せなんだな」と、ふと考えることがあるんじゃないかと思います。
 本作でも、おだやかで幸せな日常というものがあるからこそ、つらく厳しい現実が際立ってくるという表現になっていて、そうした見せ方は素敵ですよね。全編が超絶バトルというのも、それはそれでひとつのかたちだと思いますが、そうすると各キャラクターに感情移入しづらくなるところもでてくるはずです。そうした点からも、「Fate」という作品はよく考えられている物語だなと感じています。

(C) TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

イメージを拡大

下屋:朝起きてご飯を食べ、会いたい人に会って、好きなお仕事をやらせていただく。そうして日々すごしている時間は、当たり前のように思えるけれど実は儚(はかな)いものなのかなと、私自身ふと感じることがあります。今日も1日幸せに生きていられることを、本当にありがたく感じなければいけないと思うことも最近ありました。
 桜は、そうした普通の“幸せ”が本当に特別なことなのだということを誰よりも分かっているキャラクターだと思います。士郎たちと美味しいご飯を食べている食卓のシーンを見ると、私自身も幸せな気持ちになりますし、聖杯戦争の合間にそうした日常の場面があることで、「ああ、なんて儚いんだろう」と切なくもなります。特に第2章では、当たり前の日常を送ることができるのは本当に幸せなことなんだと、あらためて考えさせられるようになりました。

―― 第2章のアフレコは、いかがでしたか。

杉山:いろいろなアフレコに参加させていただいていますが、収録の合間や、テストテイクが終わってディレクターさんが直しの部分の検討をされているときなど、共演者同士で雑談することが多いんですよ。そういうときは作品とは違った話になることも多いのですが、「Fate」にかぎっては、話していることがほぼ「Fate」絡みの話なんです。何年前にあの作品を録ったときはこうだったとか、「マチ★アソビ」に行ったときにはこんなことがあったとか、もう話がつきなくて(笑)。

下屋:ほんとですよね(笑)。みんな十数年キャラクターを演じてきていますし、作品への思いいれも強いですから話すことがたくさんあるんです。収録も終始和気あいあいと進んでいって、皆さんの「Fate」愛を感じられる現場でした。

―― 最後に、お話しできる範囲で第2章の注目ポイントを聞かせてください。

杉山:激しいバトルシーンをふくめ、今回も印象的なシーンだらけですが、あえて別のところをあげると、第2章には間桐家の方たちがたくさん登場するんですよ。桜がでずっぱりなのはもちろん、慎二や臓硯の見せ場もたくさんあります。そんな間桐家の面々と衛宮士郎はどのようなかかわりをしていくのか、そんなところにも注目していただけるとうれしいです。

下屋:須藤監督が趣向をこらして、みんながビックリするような素晴らしい描き方で「Fate[HF]」の世界をつくってくださっています。第1章を上回るような物凄いバトルが繰り広げられますし、キャラクターたちの葛藤も丁寧に描かれています。本当に見ごたえのある第2章になっていますので、ぜひ劇場でご覧ください。

作品情報

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] ll.lost butterfly

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] ll.lost butterfly Check-in30

マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。