スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」リレーインタビュー(3)杉山紀彰&下屋則子 何気ない日常が厳しい現実を際だたせる

インタビュー 2019年1月3日(木)18:00

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」リレーインタビュー(3)杉山紀彰&下屋則子 何気ない日常が厳しい現実を際だたせる

イメージを拡大

1月12日から公開がはじまる、「劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel] ll.lost butterfly」。リレーインタビュー第3回は、主人公・衛宮士郎役の杉山紀彰と、メインヒロイン・間桐桜役の下屋則子に、作品にまつわる様々なトピックや、本作で描かれる“日常の大切さ”について感じるところを聞いた。(取材・構成:五所光太郎/アニメハック編集部)

―― 第1章の公開後、周囲からどんな反応がありましたか。

杉山:ファンの皆さんから、いろいろな感想をいただきました。ufotableさんによるクオリティの高い映像と、僕ら出演者の声が一体となってよかったという好意的な反応が多くてうれしかったです。その後、皆さんが思うことは大体同じで、「第2章がより見たくなった」「今から第2章が楽しみです」と言っていただき、「僕も同じです」と返す機会も多くありました。

下屋:私自身も待ちのぞんでいた第1章が公開されたのは、ついこの間のことのように感じています。杉山さんがおっしゃられたようにファンの皆さんからの反響は本当に大きかったです。演じる側もストーリーを知っているにも関わらず、できあがったものを見ると驚くほど素晴らしいクオリティの作品になっていて、キャスト同士で興奮して感想を言いあっていました。他の仕事場でも「Fate」の話をしていただく機会がとても多くて、「Fate」ファンの方が多いことを実感したのも印象的です。

―― 下屋さんは「Fate[HF]」に臨むにあたって、原作ゲームをプレイし直されているそうですね。

下屋:アフレコ前に、原作ゲームは第2章のこのあたりまでやるかなというところまでバッドエンドもふくめプレイしています。テキストで書かれたキャラクターの心情描写などが参考になるんです。また、あらためてプレイすると、「ここは、どうやって映像化するのだろう」と思うところが多々あって、須藤(友徳)監督にお会いしたときに、「あそこのシーンは必要不可欠だと思いますが、どうやって映像化するのですか」とお聞きしたら、もう天才だなと思うようなすごい仕掛けを用意されていて、とてもうれしくなりました。ファンの皆さんがどんな感想をもたれるのか、今からワクワクの気持ちでいっぱいです。

杉山:挿絵を見ながらセリフとト書きで進んでいくノベルゲームをアニメーションで表現するにあたって、僕も「ここはどうやって描くのだろう」と思っていたところがありましたが、台本をいただいて「なるほど。こういうふうに描くのか……」と驚かされました。奈須(きのこ)先生が文字で表現されていたことや、ゲームをプレイした人が感じたであろう印象を、須藤監督が映像とより親和性の高いかたちに再構築されていて。文字の描写をビジュアルに見事に変換されているところがたくさんあって、本当に素晴らしいんですよね。第2章のどんなところがそうか具体的には言えませんが、おそらくそのいくつかは下屋さんと同じ箇所だと思います(笑)。

下屋:たぶん、あそこですよね(笑)。須藤監督の桜への愛と作品の理解度は本当にすごいなと思いました。

杉山:桜の心情や作中でおきた出来事が映画という媒体にあわせて演出され、見ている人に理解しやすいかたちになっていて、その流れがとても心地いいんです。

―― 下屋さんには第1章公開直前にインタビュー させてもらいましたが、そのときは具体的な内容まではふれられませんでした。今振り返って、特に心に残っているところを聞かせてください。

下屋:第1章に関しては、やはり桜の中学生時代から描かれているのが、いちばんビックリしたところです。士郎との出会いから描くことで2人にとっての大事な日常が壊れていくことが印象づけられ、この描写は演じる私自身にとっても大きなことでした。あとは、なんといってもランサーと真アサシンのバルトシーンが印象的です。原作ゲームでは一瞬で終わるところを、本当に見ごたえのある戦闘シーンに仕上げられていて、あの場面はファンの皆さんからもたくさんの感想をいただきました。

(C) TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

イメージを拡大

―― 第1章の桜で気になったのは、髪のリボンを触る描写でした。主に他のキャラクターから何か言われたときに触っていますが、いろいろな解釈の仕方があるのかなと思いました。

下屋:おっしゃるとおり、どういうセリフのときに桜がリボンを触っているのかは重要なところだと思います。桜にとっては無意識の動作のはずですが、そこには彼女が気づいていない心理が表れているといいますか……。第2章のあとに見直すと、「ああ、そういうことだったんだ」と分かっていただけるところもあると思います。

作品情報

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] ll.lost butterfly

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] ll.lost butterfly Check-in30

マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ