スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > オタクとフィギュアの夫婦生活を描くラブコメ「超可動ガール1/6」19年4月TVアニメ化

ニュース 2018年12月27日(木)20:00

オタクとフィギュアの夫婦生活を描くラブコメ「超可動ガール1/6」19年4月TVアニメ化

(C)ÖYSTER /双葉社・「超可動ガール1/6 」製作委員会

イメージを拡大

現実の女性に興味がないオタクの青年が、1/6スケールのフィギュアとともに送る日常を描いたドタバタラブコメディ漫画「超可動ガール1/6」のテレビアニメ化が決定した。2019年4月から放送を開始する。

同作は、社会人オタクの房伊田春人(ぼういだはると)と、ある日突然動き出した、テレビアニメ「少女⇒惑星探査」のヒロイン・ノーナの1/6スケールフィギュアとの日常を描く物語。ふたりは、春人が書いていた婚姻届によって不思議な夫婦生活を送っていくことになる。ÖYSTER氏による原作漫画は「コミックハイ!」(双葉社刊)で2012年に連載を開始し、「月刊アクション」(双葉社刊)で15年に完結。17年からは、続編「超可動ガールズ~OVER DRIVE GIRLS~」が「月刊アクション」で連載されている。

主人公の春人役には「キリングバイツ」の羽多野渉、ヒロインのノーナ役には「奴隷区 The Animation」の木下鈴奈が選ばれた。羽多野は「超ハイテンション・超ハイテンポな作品。不思議なフィギュアとオタク男のハートフルコメディです。春人はとにかく好きなものに対して暑苦しい男ですが、それだけ純粋ということですので、とにかくまっすぐに演じてみようと思います! ジェットコースターのような会話劇を、ぜひお楽しみに!!」と作品を紹介。木下は「大好きなアニメのキャラが実際に目の前で動いたら、びっくりするけど、それ以上にきっとすごくうれしいですよね。場合によっては困るかもですけど(笑)。ノーナたちの繰り広げるドタバタな日常は、読んでいてとても楽しい気分になってきます」と原作の印象を語り、「ノーナについては、自由で、コロコロ変わる表情とか仕草とか、純粋にかわいい子だなという印象です。それをうまく伝えられたらと思っています。がんばります!」と意気込みを語った。

今回の発表に合わせて、春人とノーナのツーショットを描いた第1弾キービジュアルと、木下演じるノーナが動き出し、詰め寄ってくる第1弾プロモーションビデオも公開されている。

メインスタッフは「うたわれるもの 偽りの仮面」の元永慶太郎を監督に迎え、シリーズ構成を、同作に脚本として参加した日暮茶坊、キャラクターデザインを「亜人ちゃんは語りたい」(作画監督)の山名秀和、アニメーション制作を「フレームアームズ・ガール」のstudio A-CATが担当する。

作品情報

超可動ガール1/6

超可動ガール1/6 Check-in12

三次元(現実)の女性に興味が無い硬派なオタク、房伊田春人。ある日、大好きなアニメのヒロイン・ノーナの美少女フィギュアを購入したが、突然フィギュアのはずのノーナが動き出した!一人と一機(?)のドタ...

2019春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ