スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 中村悠一が語る「おそ松さん」カラ松の役割とは 劇場版のキーマン? > (2)

インタビュー 2019年3月14日(木)19:07

中村悠一が語る「おそ松さん」カラ松の役割とは 劇場版のキーマン? (2)

劇場版のカラ松は「アプローチが違って面白かった」

――先ほど「カラ松がドラマを起こすきっかけになる」という話が出てきましたが、今作はカラ松が物語のキーマンのような役割になるのでしょうか?

18歳のカラ松(右)と十四松

18歳のカラ松(右)と十四松

(C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

イメージを拡大

カラ松が18歳から現在に至るまで“自分のなかに隠していたこと”が物語にひとつのきっかけを起こすんです。なぜその役割をカラ松にさせたのかは、わからないですけど(笑)。でも、面白いなと思いました。

――今回の役割分担はかなり意外でしたか?

そうですね。「その役割なんだ!」みたいな。

――逆に、これまでの、テレビシリーズのカラ松の役割は何だとお考えでしょうか。

出落ちです(笑)。出てきて何か言って、放っておかれる。だから劇場版は、テイストがちょっと違うんですよね。今回はアプローチが違って面白かったです。

劇場版は“意外性の男”だけど…基本は「変わっていない」

――今作はカラ松の意外な一面が描かれたわけですが、テレビシリーズ初期~劇場版で気づいた「カラ松の変化」はありますか?

いえ、何にも変わっていないと思います。

――内面以外の変化はいかがでしょう? テレビシリーズ2期では、1期と比べて「痛い発言が減った」という点は変化のように思えます。

テレビシリーズでは“出落ちの男”カラ松

テレビシリーズでは“出落ちの男”カラ松

(C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

イメージを拡大

それはですね、多分(シリーズ構成の)松原さんがカラ松いじりに飽きたんじゃないかなと(笑)。だから、キャラクターの成長ではないと思います(笑)。いろいろな場所でお話ししていますが、最初の「尾崎豊が好き」という設定はどこいったんだとか。「参謀(という設定)じゃないのか!?」「『きりっとした顔』と言っていたけど、キリッとしてないよね? ただのナルシストみたいになりはじめている!」とか。それらを成長だと捉えると、「僕、どこまで最初にもらった資料の気持ち持っときます?」「まだ参謀の気でいていいですか?」みたいなことになっちゃう(笑)。だから、初期から変わってないと思います。

――なるほど、確かにそうですね(笑)。ちなみに、初期からぶれていない部分はどこだと思いますか。

格好つけるところと、意外と自分が好きなところです。自分の顔がプリントされた服を着て、周りに「本当に自分好きな」と言われていますし。でも「自分が好き」というのは、僕としては意外でした。

作品情報

えいがのおそ松さん

えいがのおそ松さん Check-in9

二十歳を過ぎてもクズでニートで童貞の松野家6兄弟。ある日訪れた、高校の同窓会。再会した同級生たちは、社会人として生活する、ちゃんとした大人になっていた。ごまかしきれず、冴えない自分たちの現状を曝...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「えいがのおそ松さん」2本立てインタビュー、2人目は中村悠一!
  • 劇場版は全てがスケールアップ!
  • テレビシリーズでは“出落ちの男”カラ松

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ