スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「戦×恋」10月放送決定 ヒロイン・七樹の変身シーンを収録したティザーPVやビジュアル公開

ニュース 2019年7月13日(土)21:00

「戦×恋」10月放送決定 ヒロイン・七樹の変身シーンを収録したティザーPVやビジュアル公開

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会

イメージを拡大

朝倉亮介氏の漫画をテレビアニメ化する「戦×恋(ヴァルラヴ)」のティザープロモーションビデオが公開された。かわいらしい容姿の持ち主だが気が強い早乙女七樹(さおとめなつき)、学園の生徒会長を務める五夜(いつよ)、アイドル活動をしている六海(むつみ)といったヒロイン姉妹が登場し、七樹が“戦乙女(ヴァルキリー)”に変身するシーンが収録されている。

同作は、強面の風貌から「アクマ」と恐れられ人間恐怖症になってしまった高校生の亜久津拓真が、“悪魔”から人間界(ミッドガルズ)を救うために神界(アースガルズ)の主神オーディンから託された、恋をするほど強くなる“戦乙女”9人姉妹とともにひとつ屋根の下で暮らし、「手料理を食べてもらう」「体育館倉庫でデート」といった恋の特訓を重ねながら彼女たちを導いていく姿を描く。拓真と9人姉妹が勢ぞろいした、アニメ版キービジュアルも公開されている。

アニメ化に携わるメインスタッフも明らかになった。監督を「3D彼女 リアルガール」の直谷たかし、シリーズ構成を「賢者の孫」の髙橋龍也、キャラクターデザイン・総作画監督を「PSYCHO-PASS-サイコパス-」(サブキャラクターデザイン協力ほか)の立石聖が務める。アニメーション制作は「3D彼女 リアルガール」で直谷監督とタッグを組んだフッズエンタテインメントが行う。アニメ版公式サイトでは、原作者の朝倉氏やスタッフからのコメントを公開中。

放送は、2019年10月からAT-X、TOKYO MX、サンテレビ、BS11でスタートすることが決定。直谷監督によると、原作単行本既刊7巻のうち第6巻までのストーリーがアニメ化されるという。

作品情報

戦×恋(ヴァルラブ)

戦×恋(ヴァルラブ) Check-in31

「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。一人の少女を助けたことをきっかけに、悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴ...

2019秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。