スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「戦×恋(ヴァルラヴ)」本渡楓×加隈亜衣×日高里菜の3姉妹が役をつかんだ実感と“レベルアップ”の源

インタビュー 2019年10月1日(火)19:00

「戦×恋(ヴァルラヴ)」本渡楓×加隈亜衣×日高里菜の3姉妹が役をつかんだ実感と“レベルアップ”の源

左から、日高里菜、本渡楓、加隈亜衣

左から、日高里菜、本渡楓、加隈亜衣

イメージを拡大

「アクマ」とあだ名をつけられるほど強面で、人と上手く関わることができない高校生・亜久津拓真(CV:広瀬裕也)。彼は、ひょんなことから9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)とルームシェアをすることに。「戦×恋(ヴァルラヴ)」は、“恋”という名のイチャイチャプレイをすることで彼女達をレベルアップさせて悪魔と戦っていくという、タイトル通りの恋愛バトルアクションだ。
 9人姉妹の5~7女を演じる、本渡楓(早乙女七樹役)、加隈亜衣(早乙女五夜役)、日高里菜(早乙女六海役)の3人に、アフレコ直後の和やかな雰囲気のなか話を聞いた。(取材・構成:五所光太郎/アニメハック編集部)

――オーディションの思い出と、役が決まったことを知ったときのお気持ちを聞かせてください。

本渡:私は、はじめから七樹役との指名をいただいてスタジオオーディションを受けました。ただ、事前に9人姉妹分の資料をいただいていたので、現場で「他の子もやってほしい」と言われたときのために全員分を読んでから臨みました。七樹のようなタイプの子をあまり演じたことがなかったので、「私には難しいかもしれない」と思っていたのを覚えています。
 オーディションでは、他の子をやるよう振られることもなくあっさりと終わりました。なので帰り道では「駄目かもしれない」と半分へこみながら、「もっと頑張らなきゃなあ」と思っていたので、七樹役に決まったと聞いたときにはビックリしました。

――加隈さんは、オーディションいかがでしたか。

加隈:私はもともと違う子としてお話をいただいていました。ただ、オーディション当日にちょっとした手違いで1時間ぐらい早く現場について、そこにあった原作の単行本を待っている間にあらためてゆっくり読んでいたら、「せっかく早くきたから何キャラかうけてみようか」という話になったんです。そうして受けたなかに五夜がいました。そんな経緯があったので、考えすぎずにファーストインプレッションを大事にしつつ、ちょっと遊びもいれながら演じられたことが、五夜のギャップみたいな部分を表現できたのかな……と自分では勝手に思っています。実際、五夜はオーディションの感覚のまま今も演じている感じです。

――日高さんは、どうだったのでしょう。

日高:六海役でお話をいただいてオーディションを受けたのですが、私も現場で「他の役もお願いします」と言われ、何人か他の子も受けさせてもらいました。ちなみに、八雲ちゃんと、あと五夜ちゃんも受けていまして……。

加隈:そうだったんだ。

日高:そのときは五夜ちゃんを振られるとはまったく思っていなくて。オーディション用の原稿は全員分チェックしていましたが、九瑠璃ちゃんなど小さい子を振られるかなと勝手に思っていて、すごく不安なままやったのを覚えています。だから、アフレコの現場で加隈氏のお芝居を聞いたときに、「これだ!」と思って。

加隈:ありがとうございます(笑)。

日高:凛とした感じもありつつ、かわいらしい部分もあってとてもいいなと思いました。決まった役以外の女の子も受けたからこそ、その正解を現場で知る楽しさもあって勉強にもなりました。私自身のオーディションの手ごたえは、六海で決まる感じはあまりなく、終わったあとは少し反省したぐらいだったので、決まったときは率直にうれしかったです。

本渡:私も日高さんの声を聴いて、すごくぴったりだと思いました。

日高:ありがとうございます!

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会

イメージを拡大

――事前に1話のアフレコ音声を聴かせてもらったところ、広瀬(裕也)さん演じる拓真の声が想像以上に怖かったのが印象的でした。校内で「アクマ」と呼ばれている設定ですが、こんなに怖い感じでやられるのだなと。

本渡:私も最初に広瀬さんの声を聴いたときに「怖いな」と思いましたが、どこか温かい音だなとも感じました。そのバランスがとれているから、みんなは外見だけを見て「アクマ」と言うけれど、本当は優しい人なんだと伝わってくるのかなと思っています。

――本渡さんが演じる七樹は「ボクっ子」キャラで、1話では声をはったり突っ込んだり、物語全体を引っ張る役割だったように感じました。

本渡:そうですね。1話冒頭の学校のシーンでは優しそうですけど、拓真との会話では「この変態!」「このバカ!」みたいなセリフが多くて(笑)。私たち3つ子がお着替えしているところに入ったときもですが、七樹としては、恥ずかしいから声を荒げたりツッコミに回ったりしているところが多かったように思いました。1話以降も恥ずかしいのを紛らわすためのツッコミは多いのですが、ただ怖い感じにはならないよう、少しかわいいニュアンスも入れるよう意識しています。

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会

イメージを拡大

――今お話された脱衣場のシーンで、五夜と一緒にいる拓真を見た七樹が「こりゃー!」と怒るところが面白くて耳に残りました。あのセリフは、あれぐらい思いきってやろうと思われたのでしょうか。

本渡:あのシーンは、最初から台本に「こらー!」ではなく、「こりゃーーーっ!」と書かれていたんです(笑)。そこまで言うってことはコメディ寄りなんだろうなと自分なりにくみとりながら演じて、ディレクションを通してテストでやったときよりも思いきりよく演じることができました。

――加隈さんが演じる五夜は、学校ではクールビューティな生徒会長という役どころです。どんなところに気をつけられたのでしょうか。

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会

イメージを拡大

加隈:五夜は場所や周りの人間によって見え方が全然違っていますが、根本的には変わっていなくて「成長したい」という気持ちが強い子だと感じています。1話でもデキる女性として校内で憧れの存在として見られているシーンが多くあって、まわりから見える五夜をどう演じるかを考える場面が多くありました。
 例えば、副会長と会話するときは、彼から見た五夜のイメージで全開キラキラな感じで演じてくださいとのディレクションもあって、彼女の見せ方にはいろいろなパターンがあるのだなと。そんなふうに学校ではキラキラしているけれど、家族は彼女が小さい頃のダメなところを見ているから、家の中では接し方が違ってくるんですよね。それでも五夜としては「自分はもう成長しているから、なんでも任せて」と思っている節があります。

――2話が五夜のメイン回です。そこで彼女の知られざる一面が明らかになって、さらに面白いキャラクターだなと思いました。

加隈:原作漫画を参考にしながら台本を読んだとき、見たことがないようなモノローグが続いていて、これはちょっとまずいなと(笑)。2話の五夜はものすごい盛り上がり方をしていて、欲に忠実な子だなと思いました。

――アイドルとして活動している六海を演じる日高さんは、いかがでしたか。

日高:六海は大人気のアイドルですから、アイドルモードのときはキラキラとした感じを意識しています。この作品にでてくる女の子は、拓真や姉妹たちに見せる姿と、それ以外の人に見せる姿が違っていて、そのギャップが本当にかわいらしくて魅力的だと感じていますので、そこはしっかり演じ分けられればと思いながら演じています。

――六海のメイン回は3話です。いかがでしたか。

日高:セリフ量の多さに驚きました。みなさんそうなんですけれど、お当番回のモノローグとセリフがすごくて(笑)。

本渡・加隈:(笑)。

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会

イメージを拡大

日高:しかもモノローグとセリフを一緒に録ることが多かったんです。作品や音響監督さんによっては、モノローグは分けて録る場合もあるのですが、「戦×恋」ではできるものは一斉に録る感じだったので、台本を開いた段階から「お! 頑張らねば」と。六海ちゃんのように表情豊かでメリハリのある子は、お芝居していてすごく楽しくて、彼女のテンションに負けないようにしなければと思っています。

作品情報

戦×恋(ヴァルラブ)

戦×恋(ヴァルラブ) Check-in26

「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。一人の少女を助けたことをきっかけに、悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴ...

2019秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 左から、日高里菜、本渡楓、加隈亜衣

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。