スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「魔王学院の不適合者」TVアニメ化決定 主人公“暴虐の魔王”アノス役に鈴木達央

ニュース 2019年10月8日(火)22:00

「魔王学院の不適合者」TVアニメ化決定 主人公“暴虐の魔王”アノス役に鈴木達央

(C)2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

イメージを拡大

秋氏のファンタジー小説「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化が決定した。主人公のアノス・ヴォルディゴード役は鈴木達央が担当する。

原作は、小説投稿サイト「小説家になろう」で4700万PVを記録し、シリーズ累計85万部を突破する人気作。かつて神々を滅ぼす圧倒的な力をもちながらも闘争に飽き、平和な世界を夢見た“暴虐の魔王”アノスが転生したのは、平和に慣れて弱体化した子孫たちが暮らす、魔法が衰退を極めた時代だった。だが、魔王候補を育成する“魔王学院”に入学したアノスは、その実力を見抜かれることなく不適合者としての烙印を押されてしまう。周囲から格下と侮られるなか、唯一親身になってくれた少女ミーシャ・ネクロンを配下に加え、アノスは魔族のヒエラルキーを駆け上がっていく。

主演の鈴木が、オーディションを振り返りつつ、アノスの印象を語るコメント映像も公開。原作イラストを担当するしずまよしのり氏が、アノスとミーシャ、ミーシャの双子の姉で、万物を自壊させる“破滅の魔眼”を宿す“破滅の魔女”ことサーシャの3人を描き下ろしたティザービジュアルも発表されている。

作品情報

魔王学院の不適合者

魔王学院の不適合者 Check-in0

二千年の時を経て蘇った暴虐の魔王――だが、魔王候補を育てる学院の適性――《不適合》!? 人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王「アノス...

新作・今期アニメTOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。