スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「球詠」主題歌の作詞・作曲に「リトバス」麻枝准 音楽は「Key」のビジュアルアーツ

音楽 2020年2月27日(木)12:00

「球詠」主題歌の作詞・作曲に「リトバス」麻枝准 音楽は「Key」のビジュアルアーツ

(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

イメージを拡大

女子高校生野球をテーマにした「球詠」の主題歌詳細が発表された。オープニング主題歌「Never Let You Go!」をシンガーソングライターの七穂、エンディング主題歌「プラスマイナスゼロの法則」を前田佳織里、天野聡美、野口瑠璃子らメインキャスト10人による「新越谷高校女子野球部」が歌う。

両楽曲ともに作詞と作曲を、「リトルバスターズ!」の企画、シナリオ、楽曲などで知られる麻枝准が担当。「リトルバスターズ!」も野球が重要なテーマのひとつだったことから、麻枝は「『野球なら麻枝、麻枝なら野球』と言われているぐらいなので、それに相応しい曲が書けたかプレッシャーもありますが、どんな映像がついて流れるのかお客さんと一緒に楽しみたいと思います」とコメント。同作の音楽を、麻枝が所属するゲームブランド「Key」を擁するビジュアルアーツが担当することも明らかにされており、これについて麻枝は「ビジュアルアーツのコアメンバーによる『もはやKeyじゃない?』という豪華さをお楽しみください」と太鼓判を押した。

七穂は「普段はゆっくりと静かな楽曲が多いのですが、今回主題歌を歌わせていただくにあたり、テンションを上げて、明るく元気な雰囲気が届くように心掛けました。野球を応援する時のように、聞いてくださる方を応援する気持ちで歌いました」とレコーディングを振り返っている。

同作は、マウンテンプクイチ氏による「まんがタイムきららフォワード」(芳文社刊)で連載中の漫画のテレビアニメ化。魔球を受け止められる投手がいなかったことで野球を諦めかけていた詠深が、幼なじみの珠姫との再会をきっかけに情熱を取り戻し、新たな仲間たちとともに停部になっていた野球部を復活させ、全国大会に向けて奮闘する。

作品情報

球詠

球詠 Check-in33

埼玉県、新越谷高校。この春入学した武田詠深(たけだ・よみ)は、そこで幼なじみの山崎珠姫(やまざき・たまき)に再会する。中学時代、受け止められるキャッチャーがいないために鋭く変化する「魔球」を投げ...

2020春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。