スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ジビエート」ED主題歌にLUNA SEAの真矢が参加 SUGIZO&大黒摩季とタッグで「大地のようなビートを」

音楽 2020年4月11日(土)18:00

「ジビエート」ED主題歌にLUNA SEAの真矢が参加 SUGIZO&大黒摩季とタッグで「大地のようなビートを」

イメージを拡大

ゲーム「ファイナルファンタジー」の天野喜孝や、漫画「猿ロック」の芹沢直樹らが携わるアニメ「ジビエート」のエンディング主題歌「ENDLESS」に、ロックバンド「LUNA SEA」のドラマーである真矢の参加が決定した。

「ENDLESS」には、作編曲、コンポーザー兼ギタリストとして、同じく「LUNA SEA」のメンバーであるSUGIZOが参加し、ボーカルをシンガーソングライターの大黒摩季が務める。作詞はアニメ「ジビエート」の企画・原作を務める青木良が担当する。真矢は「SUGIZOが作曲し、大黒摩季さんが歌う曲に、僕は大地のようなビートを刻みたいと思います。最高のプロジェクトに呼んでいただき、そこでドラムを叩き、これが日本だけではなく世界のみんなが共感して、かっこいい、笑顔になるようなことになってくれたら本当にうれしく思います」と意気込みを語った。YouTubeの「GIBIATE PROJECT」チャンネルでは、真矢が同楽曲にかけた思いを明かすインタビュー動画が公開されている。

なお「ジビエート」公式TikTokでは、真矢、大黒、美樹本伊佐夫役の俳優・崎本大海による「ジビエートダンス」の動画を公開しており、YouTubeでは崎本による踊り方動画も配信中。ダンスの振り付けは、放送中の「名探偵コナン」のオープニングダンスに携わったゲッツ(abstreem creation)が担当した。

今夏放送予定の同作は、漫画やアニメなど、さまざまなジャンルのクリエイターが“和”の情報を世界に向けて発信する「ジビエートプロジェクト」の集大成として制作されるアニメ。人々をさまざまな姿の怪物に変ぼうさせてしまうウイルス“ジビエ”が地球全土にまん延した2030年の日本を舞台に、江戸時代前期からタイムスリップした侍・神崎千水(かんざきせんすい)と、真田一族の忍・真田兼六(さなだけんろく)の活躍を描く。

作品情報

ジビエート

ジビエート Check-in9

舞台は 2030 年の日本。地球全土にあるウイルスが広まっていた。ウイルスの感染者は怪物になり、年齢、性別、人種により姿が変化する。そのウィルスは、変化する多様な種類から「ジビエ(ジビエのように...

2020夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。