スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「血界戦線」舞台化第2弾サブタイトル「Beat Goes On」に決定 堕落王フェムト役に「テニミュ」の山本一慶

イベント 2020年7月30日(木)21:00

「血界戦線」舞台化第2弾サブタイトル「Beat Goes On」に決定 堕落王フェムト役に「テニミュ」の山本一慶

(C)内藤泰弘/集英社
(C)舞台『血界戦線』製作委員会

イメージを拡大

内藤泰弘氏の人気バトルアクション漫画「血界戦線」の舞台化第2弾のタイトルが「舞台『血界戦線』Beat Goes On」に決定し、原作でおなじみのキャラクター、堕落王フェムトを「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」の山本一慶が演じることが発表された。

シリーズ累計発行部数460万部の原作「血界戦線」は、異世界と現世をつなぎ、人と人ならざるものが交わる街「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、街の均衡を守るべく暗躍する「秘密結社ライブラ」の暗闘を描く群像劇。2008年に「ジャンプSQ.」(集英社刊)で連載を開始し、現在は「ジャンプSQ.RISE」でセカンドシーズンにあたる「血界戦線 Back 2 Back」が連載中。15年に「血界戦線」、17年に「血界戦線 & BEYOND」としてテレビアニメ化を果たしており、19年11月に舞台版第1弾「血界戦線」が上演された。

舞台版第2弾「Beat Goes On」では、レオナルド・ウォッチ役の百瀬朔、クラウス・V・ラインヘルツ役の岩永洋昭、ザップ・レンフロ役の猪野広樹、スティーブン・A・スターフェイズ役の久保田秀敏ら、メインキャスト陣が第1弾から続投することが発表済み。このほど、横断歩道に立つレオナルド(百瀬)を見下ろしたティザーキービジュアルも公開されている。

11月20~29日に東京・天王洲銀河劇場で15公演、12月3~6日にメルパルクホール大阪で6公演を開催。チケットは、9月4~23日に「ジャンプSQ.」誌面先行、10月1~7日にマベメン先行、10月9~18日にオフィシャル先行、10月19~26日にプレリクエスト先行を受け付ける(いずれも抽選制)。一般販売は11月7日にスタートする。

イベント情報・チケット情報

舞台『血界戦線』Beat Goes On【東京公演・1回目】 Check-in0
開催日
2020年11月20日(金)
時間
18:30開始
場所
天王洲 銀河劇場(東京都)
出演
百瀬朔 , 岩永洋昭, 猪野広樹, …

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。