スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ドキュメンタリー「セガvs.任天堂」日本語吹き替えに杉田智和、大塚芳忠

ニュース 2020年11月22日(日)21:00

ドキュメンタリー「セガvs.任天堂」日本語吹き替えに杉田智和、大塚芳忠

予告編も公開

予告編も公開

(C) 2020 LEGENDARY TELEVISION AND CBS STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

イメージを拡大

アメリカのドキュメタリー「セガvs.任天堂/Console Wars」日本語吹き替え版に、杉田智和と大塚芳忠が出演することが決定し、予告編が披露された。

同作は、ノンフィクション小説「セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争」(ブレイク・J・ハリス著、早川書房刊)を原作に、1990年代にアメリカのゲーム業界で繰り広げられたセガと任天堂の覇権争いを描いた作品。家庭用ゲーム機市場で“絶対王者”として圧倒的なシェアを誇っていた任天堂を、当時中堅メーカーであったセガがいかに打ち破ったのかが描かれている。

杉田はセガ・オブ・アメリカ執行副社長(当時)の豊田信夫氏、大塚はニンテンドー・オブ・アメリカのゲームマスター、ハワード・フィリップス氏の声を担当。予告編では、2人の声を聴くことができる。

大のゲーム好きである杉田は、「次世代ハード戦争、という渦中に思春期の真っ只中にいた自負がある身としては出演関係なく見たいなと思いました」と興味しんしんの様子で、「ゲームから得た教訓やいくつもの言葉によって構成されている人格が、上手く芝居に活かせれば嬉しいなと感じました」と語っている。

「セガvs.任天堂/Console Wars」日本語吹き替え版は、動画配信サービス「U-NEXT」の独占配信タイトルとして、12月4日から配信される。

フォトギャラリー

  • 予告編も公開

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。