スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 岡田麿里監督新作「アリスとテレスのまぼろし工場」発表 MAPPA制作で同社初のオリジナル劇場アニメに

ニュース 2021年6月28日(月)18:00

岡田麿里監督新作「アリスとテレスのまぼろし工場」発表 MAPPA制作で同社初のオリジナル劇場アニメに

岡田麿里×MAPPA「アリスとテレスのまぼろし工場」制作決定

岡田麿里×MAPPA「アリスとテレスのまぼろし工場」制作決定

(C)Maboroshi Project

イメージを拡大

岡田麿里の監督第2作で、MAPPAがアニメーション制作を務めるオリジナル劇場アニメ「アリスとテレスのまぼろし工場」の製作が決定した。6月27日に行われたMAPPAの10周年記念イベント「MAPPA STAGE 2021 10thAnniversary」で発表され、2分におよぶ特報映像、ティザービジュアルもお披露目されている。

MAPPA初のオリジナル劇場作品となる本作は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などの脚本で知られ、「さよならの朝に約束の花をかざろう」で監督デビューを果たした岡田をはじめ、副監督に平松禎史、キャラクターデザイン・総作画監督に石井百合子、美術監督に東地和生と「さよ朝」のメインスタッフが再集結。音楽は岡田脚本の劇場アニメ「空の青さを知る人よ」にも参加した横山克が手がける。

特報映像の一場面

特報映像の一場面

(C)Maboroshi Project

イメージを拡大

岡田監督は、「この『アリスとテレスのまぼろし工場』は、曖昧な世界でもがく少年少女たちが、“恋心”を武器に運命と戦う物語です。信頼するスタッフとともに、地に足がついていながら挑戦的な、このチームでしかできないアニメーション映画を追及したいと思っています。完成はまだ先になりますが、はやく皆様にお届けしたいです」とコメントを寄せている。

特報映像は、緻密な背景美術とピアノの旋律で幕が上がり、少年少女の“心と身体の躍動”が、合唱音楽とともに高まっていく。また、空を駆ける未知の存在、裂ける夜空など、ファンタジー要素も盛り込まれている。ティザービジュアルは、原案を岡田、キャラクターデザインの石井が原画、美術監督の東地が背景とフィニッシュワークを手がけ、絵画風のデザインに仕上がっている。

フォトギャラリー

  • 岡田麿里×MAPPA「アリスとテレスのまぼろし工場」制作決定
  • 特報映像の一場面

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。