スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 賞金稼ぎと殺し屋が繰り広げるサスペンス「殺し愛」22年放送決定 「怪病医ラムネ」スタッフ再集結

ニュース 2021年7月9日(金)18:00

賞金稼ぎと殺し屋が繰り広げるサスペンス「殺し愛」22年放送決定 「怪病医ラムネ」スタッフ再集結

(C)2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員会

イメージを拡大

Fe氏のサスペンス漫画をテレビアニメ化する「殺し愛」の放送が、2022年にスタートすることが決定した。これにともないティザービジュアルが公開。制作に携わるメインスタッフの顔ぶれも発表されている。

原作は「月刊コミックジーン」(KADOKAWA刊)で連載中。クールな女賞金稼ぎのシャトーと、彼女を気に入ってつきまとう謎多き殺し屋のリャンハ、相性最悪の2人がなし崩し的に協力関係を結び、組織の抗争に巻き込まれていく姿を描く。

スタッフは「怪病医ラムネ」を手がけた布陣が再集結。大庭秀昭のもと、シリーズ構成・脚本を久尾歩、キャラクターデザインを佐藤陽子が務め、アニメーション制作をプラチナビジョンが行う。スタッフからのコメントは以下の通り。

【大庭秀昭(監督)】
 今作は、「モノローグが無く、セリフが少ない」作品です。これってアニメ的には非常にハードルが高いのですが、この作品の魅力はそこにあります。動き、声、音楽、効果音、アニメの武器を駆使して、魅力的なノワール世界にドップリ浸っていただけるよう鋭意制作中です。

【久尾歩(シリーズ構成・脚本)】
 Fe先生の描かれた原作の魅力をアニメで表現するため細心の注意を払いました。動き出したシャトーとリャンハ、2人をめぐる運命と“殺し愛”を、ひとりでも多くの方に観ていただけたら幸いです。

【佐藤陽子(キャラクターデザイン)】
 タイトルとは相反した、骨太なストーリーで一気に読み進めてしまいました。今作は、自分の気持ちや思いをセリフで伝えるのではなく、表情や行動で表現されています。その表情を取りこぼすことなく、映像に落とし込んで行けたらと思います。さまざまな「愛の形」を堪能していただけるとうれしいです。

作品情報

殺し愛

殺し愛 5

とある「仕事場」で対峙する2人の殺し屋。クールな賞金稼ぎの女・シャトーと謎多き最強の男・リャンハ。シャトーはこの交戦をきっかけにリャンハと敵対――するはずが、なぜか彼に気に入られ、つきまとわれる...

2022冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。