スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「スター・ウォーズ ビジョンズ」本格始動 市川紗椰「最高の文化交流ができる」

ニュース 2021年7月15日(木)22:00

「スター・ウォーズ ビジョンズ」本格始動 市川紗椰「最高の文化交流ができる」

新アンソロジーアニメ「スター・ウォーズ ビジョンズ」が始動!

新アンソロジーアニメ「スター・ウォーズ ビジョンズ」が始動!

イメージを拡大

ディズニーの動画配信サービスDisney+が「スター・ウォーズ」を題材に製作する新アンソロジーアニメ「スター・ウォーズ ビジョンズ」の始動イベントが7月14日、都内で行われ、参加する日本のアニメ制作会社7社の監督が集合した。

イベントに出席した神山健治監督(プロダクションI.G)は、シリーズ第1作目にあたる「スター・ウォーズ」を初めて見た13歳当時を振り返り「いつか『スター・ウォーズ』を作る人になろうと思った」。それだけに、今回のプロジェクト参加には「喜びしかない」といい、「無邪気な13歳の子どもに戻って、取り組んだ。プレッシャーは後からですね」と感無量の面持ちだった。

神山監督が手がける「九人目のジェダイ」は、2019年に公開された「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」以降の世界が舞台になっており、「果たして、銀河系は平和になったのか。『スター・ウォーズ』の魅力であるライトセーバーとジェダイ騎士たちの“再生”のストーリーを描き、ルーク・スカイウォーカーのような名もなき青年が、大海原に旅立ち、冒険を繰り広げるという原点に立ち返った」とテーマを明かしていた。

イメージを拡大

近年、3DCG作品を多く手がける神山監督にとって、本作は久しぶりの手描きアニメーションとなり「日本が誇るIGのすごいアニメーターたちと、作画のアニメを作れることにワクワクした。CGとは違う熱量で、キャラクターがいきいきと動いている」と声を弾ませた。

イベントには神山監督をはじめ、水崎淳平総監督(神風動画)、垪和等監督(キネマシトラス)、チェ・ウニョン監督、アベル・ゴンゴラ監督(サイエンスSARU)、五十嵐祐貴監督(ジェノスタジオ)、木村卓監督(スタジオコロリド)、大塚雅彦監督、今石洋之監督(トリガー)、「スター・ウォーズ」好きを公言するタレントの市川紗椰が駆けつけた。

イメージを拡大

市川は「世界規模のコンテンツを題材に、日本を代表するスタジオが、しかもこんなにたくさんですよ。贅沢過ぎます」と興奮しきり。「ヨーロッパはもちろんですが、(コロナ禍で)配信人気もあり、今アメリカで日本のアニメ人気がマックスになっている」と語り、「アニメ好き、『スター・ウォーズ』好きが互いの魅力を知る相乗効果に期待したい。最高の文化交流ができるんじゃないかと思う」と銀河系のさらなる拡大に期待を寄せていた。

「スター・ウォーズ ビジョンズ」は、Disney+で9月22日に世界配信される。

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • 新アンソロジーアニメ「スター・ウォーズ ビジョンズ」が始動!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。