スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「竜とそばかすの姫」音響チーム監修のハイグレード音響上映、8月20日から首都圏7館で実施

ニュース 2021年8月19日(木)12:00

「竜とそばかすの姫」音響チーム監修のハイグレード音響上映、8月20日から首都圏7館で実施

TOHOシネマズ日比谷ほか7館で上映

TOHOシネマズ日比谷ほか7館で上映

(C)2021 スタジオ地図

イメージを拡大

細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」のハイグレード音響上映が、8月20日から首都圏7館で実施される。

同作で音楽監督を務めた岩崎太整がエンジニアと上映劇場を訪れ、音響バランスを調整してグレードアップさせた“お墨付き”状態で上映される。岩崎は「調整をした劇場では、ほぼ制作時と同じ音場を再現することが出来たと思います」とコメントしている。

都内を中心にした以下の映画館で上映される。

東京・TOHOシネマズ日比谷
東京・TOHOシネマズ池袋
東京・TOHOシネマズ立川立飛
東京・イオンシネマ板橋
東京・イオンシネマシアタス調布
千葉・イオンシネマ幕張新都心
神奈川・川崎チネチッタ

「竜とそばかすの姫」は、母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、“もうひとつの現実”と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。7月16日に封切られ、8月15日時点で累計動員341万人、興行収入47億円を突破している。

公式サイト(https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/news/20210816-1.html )に掲載された岩崎のコメント全文は以下のとおり。

【岩崎太整(音楽監督、音楽)】
この度「ハイグレード音響上映」と銘打って、私とエンジニアが実際に劇場に伺い、本来の音の姿になる様に自ら音響調整し、上映を行う機会に恵まれました。
調整をした劇場では、ほぼ制作時と同じ音場を再現することが出来たと思います。
制作者と鑑賞者が全く同じ感覚をシェア出来るということは、とても貴重であり、この上ない喜びでもあります。
「竜とそばかすの姫」のオリジナルサウンドを是非劇場で体験してみて下さい。

作品情報

竜とそばかすの姫

竜とそばかすの姫 4

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。いつの間に...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。