スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ルパン三世 PART6」に再び“押井ルパン” 第10話は押井守脚本の「ダーウィンの鳥」

ニュース 2021年12月14日(火)18:00

「ルパン三世 PART6」に再び“押井ルパン” 第10話は押井守脚本の「ダーウィンの鳥」

第4話に続いて、第10話も押井守が脚本!

第4話に続いて、第10話も押井守が脚本!

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

イメージを拡大

「ルパン三世 PART6」の第10話「ダーウィンの鳥」の脚本を、第4話に続き押井守が手がけていることがわかった。

アニメ化50周年記念作となる今シリーズは、推理小説家でアニメ・特撮の脚本も手がける大倉崇裕がシリーズ構成を担当するほか、豪華なゲスト脚本家が結集。作家の辻真先、芦辺拓、樋口明雄、湊かなえ、映画監督の押井がオムニバスエピソードの脚本を執筆している。11月6日に放送された押井脚本の第4話「ダイナーの殺し屋たち」は、ダイナーを舞台に男の客2人とウエイトレスの会話劇でストーリーが進み、放送後はSNSにレビューや考察があがるなど注目を集めた。

そして12月18日放送の第10話「ダーウィンの鳥」に、再び“押井ルパン”が登場する。「あの“鳥”が美しいのは、あれが真贋のあわいを飛ぶ鳥だからです」――依頼人にそう語られた不二子。今回のターゲットは大英自然史博物館に眠る「始祖鳥化石」。生物の進化の過程を克明に表すその化石には、真価を揺るがす「いわく」があった。不二子に協力を頼まれたルパンは、依頼の怪しさに眉をひそめる。

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

イメージを拡大

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

イメージを拡大

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

イメージを拡大

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

イメージを拡大

原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

イメージを拡大

さらに「ルパン三世」アニメ50周年企画のひとつとして、川柳コンテストを実施。公式Twitter(@lupin_anime)をフォローのうえ、「ルパン三世」にまつわる川柳をハッシュタグ「#ルパン川柳」をつけて投稿すると、抽選で50人に「50周年特製キラキラステッカー(非売品)」がプレゼントされる。応募受付期間は2021年12月14日~22年1月10日。

作品情報

ルパン三世 PART6

ルパン三世 PART6 38

舞台はロンドン。ルパンのターゲットは、英国政府を影で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝――その手掛かりとなる一枚の絵。立ちはだかるスコットランド・ヤードや MI6。ルパンの動きを察知して現れた銭...

2021秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 第4話に続いて、第10話も押井守が脚本!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。