スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 昆虫大好き香川照之が手がける自然教育絵本「インセクトランド」Eテレで4月にアニメ化

ニュース 2021年12月17日(金)18:30

昆虫大好き香川照之が手がける自然教育絵本「インセクトランド」Eテレで4月にアニメ化

(C)ARANCIONE/インセクトランド製作委員会

イメージを拡大

大の昆虫好きとして知られ、文部科学省のこどもの教育応援大使も務める俳優・香川照之が手がける自然教育絵本「INSECT LAND(インセクトランド)」(講談社刊)シリーズのアニメ化が決定した。2022年4月からNHK Eテレで放送開始。

2020年にスタートし、第6弾まで発売されている「INSECT LAND」は、昆虫の国“インセクトランド”で暮らすかわいい昆虫たちの日常を通じて、昆虫の生態を楽しく学べる絵本シリーズ。SDGs(持続可能な開発目標)などの教育要素も盛り込まれており、「国連生物多様性の10年日本委員会」により推薦図書として選ばれている。YouTubeでは、香川による読み聞かせ動画なども公開中。

アニメ版では、香川自らがエグゼクティブプロデューサーを務め、絵本シリーズから引き続きキャラクター原案をフランス人クリエイターのロマン・トマが担当する。監督には「それいけ!アンパンマン」の川越淳を迎え、アニメーション制作は「それいけ!アンパンマン」「名探偵コナン」のトムス・エンタテインメントが行う。

ヒメボタル、ハナカマキリ、クワガタ、カブトムシといった個性豊かな昆虫たちの“インセクトランド”での日々を描いたティザープロモーションビデオと、昆虫たちが集まったメインビジュアルも公開されている。

以下に香川からのコメントを掲載する。

【香川照之(エグゼクティブプロデューサー)】

イメージを拡大

自然教育絵本「INSECT LAND」は、はからずも我々が自然に身を置きにくくなってしまったパンデミックのなか、発表することになりました。
コロナ禍においては、社会、環境、経済が循環しているということを痛感させられましたが、SDGsはこの循環をより良いものにすることだと信じ、特にお子さんたちの学びに寄与したいと考えています。
Eテレでのアニメ化は、日本全国の子どもたちに平等に貢献できる機会を得られた大変うれしいことです。
仏クリエイターのロマン・トマさんが描く、楽しくて可愛いキャラクターたちが、5億年の進化が創り上げた生態を通して、「生きる力」を伝えます。
インセクトランドの昆虫たちが、人類とこの地球の共存が持続可能なものになることの一助となることを願っております。

作品情報

インセクトランド

インセクトランド 1

ここは地球のどこかにある、小さな昆虫たちの国「インセクトランド」。ヒメボタル、ハナカマキリ、クワガタ、カブトムシ……たくさんの昆虫が暮らしています。大きさも、色も、形も、住んでいる場所もバラバラ...

2022春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。