スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「鬼滅の刃」TVアニメ第3期「刀鍛冶の里編」製作決定 2人の柱を描いたティザービジュアル披露

ニュース 2022年2月14日(月)12:00

「鬼滅の刃」TVアニメ第3期「刀鍛冶の里編」製作決定 2人の柱を描いたティザービジュアル披露

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

イメージを拡大

アニメ「鬼滅の刃」シリーズの第3期「刀鍛冶の里編」の製作が決定し、ティザービジュアルとアニメ化決定PVが披露された。

同作は、吾峠呼世晴氏が「週刊少年ジャンプ」で連載した人気漫画が原作。家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため鬼殺隊に入隊し、鬼との戦いに挑む。2019年にテレビアニメ第1期「竈門炭治郎 立志編」、20年に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(21年10~11月にテレビアニメ版放送)、21年12月~22年1月に第2期「遊郭編」と展開されている。

「刀鍛冶の里編」では、「遊郭編」で吉原での任務を追えた炭治郎たちのその後の物語が描かれる。なお、「遊郭編」の最終話「何度生まれ変わっても」では、堕姫と妓夫太郎を鬼に導いた新たな上弦の鬼が登場し、宮野真守が演じている。

ティザービジュアルは鬼殺隊の最高位の剣士「柱」である霞柱・時透無一郎と恋柱・甘露寺蜜璃の2人の姿が描かれている。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。