スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「アニメハックTV」徳井青空の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

インタビュー 2022年9月2日(金)18:00

「アニメハックTV」徳井青空の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

「アニメハックTV」最新回は9月3日午後8時から生配信スタート

「アニメハックTV」最新回は9月3日午後8時から生配信スタート

イメージを拡大

映画を見に行こうと思い立ったとき、動画配信サービスで作品を鑑賞しようとしたとき、何を見れば良いのか分からなかったり、選択肢が多すぎて迷ったりしてしまうことは誰にでもあるはずです。

映画.comでは、企画「あの人が見た名作・傑作」を更新中。映画業界、ドラマ業界で活躍する著名人がおすすめする名作、傑作をご紹介していきます。第15回は、映画.comが運営するアニメ情報サイト「アニメハック」が、月1回お届けしている生配信番組「アニメハックTV」で、MCを務める声優の徳井青空さんです。(取材・構成:五所光太郎/アニメハック編集部)

【紹介してくれた人:徳井青空】

「ラブライブ!」矢澤にこ役、「探偵オペラ ミルキィホームズ」譲崎ネロ役など、多くのアニメ作品に出演している徳井さん。クロスメディアコンテンツ「ウマ娘 プリティーダービー」ではテイエムオペラオー役としてライブ出演もしています。
 漫画家としての顔をもち、自身が描いた漫画「まけるな!!あくのぐんだん!」は2017年にタツノコプロ制作でテレビアニメ化されました。また20年には実写短編映画「時々は、眠れない夜に」で監督デビュー、22年には恋愛アンソロジー「にがくてあまい」に収録されている「恋のや」にて初の小説執筆を行うなど多岐にわたって活動しています。

徳井さんがMCを務める「徳井青空のアニメハックTV」では、毎回ゲストをお招きして、アニメやイベントの最新情報などを約1時間の生配信でお届けしています。アニメハック公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/c/animehack_official )で生配信後、アーカイブも無料で視聴できます。

●夢に向かって葛藤する雫に共感した「耳をすませば」

――徳井さんの生涯ベスト映画を教えてください。

徳井:なかなかひとつには絞れませんね。ベタですけれどやっぱりジブリ作品は大好きで、なかでも「耳をすませば」がすごく好きです。ジブリ作品と同じぐらい「エヴァンゲリオン」も大好きで、そのふたつを同じぐらい繰り返し見ているんじゃないかと思います。

――「エヴァンゲリオン」にもいろいろありますが、どの作品がお好きなのでしょうか。

徳井:「まごころを、君に」です。もうめちゃめちゃ好きで、これまで何度も見ています。

(C) 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

イメージを拡大

――「耳をすませば」は、「あの人が見た名作・傑作」シリーズに登場いただいた釘宮理恵さんもお好きだと話されていました( https://anime.eiga.com/news/116537/ )。

徳井:本当ですか! なんだかうれしいですね(笑)

――「耳をすませば」のどんなところがお好きなのでしょうか。

徳井:主人公の雫が物語を書くという夢に向かって葛藤するところが特に好きでした。実際に夢にトライしてみたら、やっぱりすごく大変なことなのが分かるところや、そんななかでも学校生活もしっかりおくらなければいけないもどかしさなど、子どもの頃に漫画家を目指していた私には共感できました。

――徳井さんが漫画家を目指したきっかけはなんだったのでしょうか。

徳井:幼稚園ぐらいの頃から、物心がついたときには漫画を描いていました。これがっていうきっかけは特になくて、気が付いたら目指していた感じですね。
 「耳をすませば」は、雫のセリフが全体的に“セリフっぽいセリフ”というか、物語を読んでいる人特有のセリフまわしのように感じられたのも印象的です。お姉ちゃんなど家族の会話は自然で生身っぽい口調な気がするのですが、雫のセリフはそれ自体が物語のセリフっぽく感じられて、そうした言葉のチョイスも好きだなと思いながら見ていました。

【「耳をすませば」作品情報】
柊あおいの同名少女コミックが原作。読書好きな中学生3年生の少女・月島雫が、バイオリン職人を目指す天沢聖司と出会い、お互い惹かれあう青春模様が真っすぐに描かれる。ジブリ作品を支えてきた名アニメーターの近藤喜文による長編初監督作。

●テレビでみんなで見る楽しさ 「金ロー」で見た「時をかける少女」

――実写映画でお好きなものはありますか。

徳井:そうですねえ……難しいなあ。最近はアニメ映画を見にいくことのほうが多いのですが、それこそ「シン・ゴジラ」は「エヴァンゲリオン」の庵野(秀明)さんが監督をされていて、アニメ的なカットの面白さもあって好きでした。「シン・ウルトラマン」も見て面白かったのですけれど、「ウルトラマン」にくわしいわけではなかったので、くわしければくわしいほどより楽しめたのだろうなと思いました。

――最近の劇場アニメでお好きなものはなんですか。

徳井:「劇場版 呪術廻戦 0」がめちゃくちゃ面白かったです。テレビアニメのときも戦闘シーンの作画が大好きだったのですけれど、劇場版を見たときはその迫力が尋常じゃなくて。細かい演出がいっぱい入っていて、本当に面白かったです。

(C) 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

イメージを拡大

――劇場アニメを見るとき、お仕事柄、声の演技に注目することはあるのでしょうか。

徳井:見ているときは、「この人の演技が」みたいなことは思わないですね。見終わったあとに、「あそこのセリフ、すごく残っているな」というふうに感じることはあるかもしれません。

――映画館やテレビを問わず、直近で見た映画を教えてください。

徳井:「金曜ロードショー」で「時をかける少女」を見ました。細田監督の作品はどれも大好きですし夏っぽい感じがありますよね。最初に見た細田監督作品は「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」で、短い時間のなかでなんて完成度が高いんだ! と子どもながらに思っていて大好きでした。
 「時をかける少女」が公開されるときも楽しみにしていて、実際、予想をこえる面白さがありました。大人になった今見返すと、いろいろな見方や深い考察ができるので、いつ見ても本当にいいなと思います。

(C) 「時をかける少女」製作委員会2006

イメージを拡大

――テレビを見る人が減ったと言われていますが、徳井さんはテレビで映画を見るのがお好きなほうなのですか。

徳井:わりとテレビっ子で、朝起きた瞬間から寝る寸前までテレビをつけていることが多いです。配信で見ることもありますが、なんだかんだで「金曜ロードショー」などテレビでやっていると、つい見ちゃうというのはありますね。テレビで放送されると全国のみんなで同時視聴できるわけじゃないですか。それって、なかなかない機会ですよね。テレビをとおしてみんなで何かを見るって、いいなって思います。「ラブライブ!The School Idol Movie」のように自分がでている作品でもテレビでやるのなら見ようと思いますし、そこで新しく初めて見たよという方もいたりするので、そういうのってすごくうれしいし、一緒に私も見たいなと思ってしまいます。

【「時をかける少女(2006)」作品情報】
テレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の同名青春SF小説を初めてアニメ化。過去へ飛べる「タイムリープ」の力を手にした女子高生の真琴が、過去を何度もやり直していくうちに、人生のかけがえのない時間に気づく姿を描く。

●映画館で体験することができた「まごころを、君に」の「気持ち悪い」

――最初にジブリ作品と同じぐらい好きだと話されていた「エヴァ」について、もう少し聞かせてください。どんなところがお好きなのでしょうか。

徳井:リアルタイムではなく、中高生ぐらいのときにたしかビデオで見たのですが、なんて新しいんだと思いましたし、最初に見たときは分からなかったところが、どんどん気になる感じがありました。「これはどういう物語なんだろう?」と考える楽しみに満ちていたように思います。でるたびに映像ソフトを買っていて、ブルーレイボックスとDVDボックスの両方をもっているぐらい好きな作品です。

2021年に再上映された「REVIVAL OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」

2021年に再上映された「REVIVAL OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」

(C) カラー/EVA製作委員会

イメージを拡大

――「シン・エヴァンゲリオン」はご覧になりましたか。

徳井:公開初日の朝7時半の回に見にいくぐらいには、気合いをいれて臨みました。誰よりも早く映画館で見たいなと思いましたし、映画館に足を運ぶワクワク感もすごくあって、イベント的な楽しさがありました。
 見終わって、シンプルにこれからも「エヴァンゲリオン」を見たいなと思いました。これで完結みたいな雰囲気もありますが、今後も「エヴァンゲリオン」と名のつく新作が見られたらいいなと期待しています。
 「シン・エヴァンゲリオン」の公開でもうひとつうれしかったのは、「エヴァ」の過去作が劇場で上映されたことでした。私が好きな「まごころを、君に」も映画館で見ることができて、最後の「気持ち悪い」「終劇」の流れでファンの方は衝撃をうけたという伝説を聞いていたので、それをリアルタイムで経験した人はうらやましいと思っていたんです。テレビであの結末を見るのと映画館で見るのとでは印象が違うだろうなと思っていたので、それに近い体験が劇場で味わえて面白かったです。「エヴァ」にかぎらず過去の名作の再上映は、もっとやってもらえるとうれしいです。

――「シン・エヴァンゲリオン」では、リアルタイムで見る体験ができたわけですね。

徳井:朝いちの回であのエンディングを見て、午前中のうちから雨の降る東京にほうりだされたときの気持ちは一生忘れないと思います。

【「THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」作品情報】
テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で物議をかもした最終2話を完全新作で描きなおした完結編。テレビアニメ版24話から分岐する、もうひとつのエンディングとなる25話「Air」と26話「まごころを、君に」で構成される。

●アニメの魅力や裏側を知りたいし伝えたい

――最後に、MCを担当している生配信番組「アニメハックTV」について、あらためて聞かせてください。

徳井:ひとつのアニメができるまでにはすごく時間がかかりますし、たくさんの人が携わっています。みんなが本気で一生懸命につくっている作品ばかりなので、少しでもその魅力を伝えたいですし、こだわった部分をいちオタクとしてもすごく知りたいんです。番組をとおして、そんなところを聞けるのがいちばん楽しいです。

――ゲストの皆さんは生配信の1時間があっという間だったとよく話されています。毎回どのように臨まれているのでしょうか。

徳井:気になったことは遠慮せず聞くように心がけています。声優さんの場合、アフレコのときに感じたことがあっても、聞かないと意外とでてこないエピソードがあると思うんです。そういうことをいっぱい知れて、視聴者の方に届けることができたらいいなという気持ちでいつもやっています。

――「アニメハックTV」を知らない方に向けて、一言お願いします。

徳井:アニメ映画がたくさん公開されて、配信でもいろいろなアニメを見ることができるようになって、より広い人たちにアニメを見てもらえている実感があります。声優やアニメ制作の裏側などが少しでも気になった方は、ぜひ「アニメハックTV」を見てほしいなと思います。

アニメハック公式Twitter、フォロー&RTプレゼントキャンペーン
<賞品>
徳井青空さんサイン入り色紙、1名様
<応募期間>
9月2日~10月2日23:59
<応募方法>
1.アニメハック公式Twitterをフォロー。
2.公式Twitterがツイートした、プレゼント告知のツイートをRT(リツイート)。キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。
https://twitter.com/animehackcom/status/1565625829601583105
3.当選された方には、キャンペーン終了後、公式twitterアカウントからDM(ダイレクトメッセージ)をお送りします。

作品情報

ラブライブ! School idol project

ラブライブ! School idol project 48

ここは東京、千代田区。秋葉原と神田と神保町という3つの街のはざまに――統廃合の危機に瀕した1つの学校がある。進化し続ける最新カルチャーの街・秋葉原と、歴史と伝統の街・神田、そして静かな大人の本の...

2013冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「アニメハックTV」最新回は9月3日午後8時から生配信スタート
  • 2021年に再上映された「REVIVAL OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。