スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ベルサイユのばら」劇場アニメ化決定 原作誕生から50年の節目に再アニメ化

ニュース 2022年9月7日(水)06:00

「ベルサイユのばら」劇場アニメ化決定 原作誕生から50年の節目に再アニメ化

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C) 池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会

イメージを拡大

名作漫画「ベルサイユのばら」の劇場アニメ化が決定し、ティザービジュアルと特報映像が披露された。

池田理代子氏が描いた同名漫画はフランス革命の時代を舞台に、男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描いた作品。1979~80年に東京ムービー新社(現トムス・エンタテインメント)制作でテレビアニメ化され、テレビアニメ版の総集編「ベルサイユのばら 生命あるかぎり愛して」が90年に劇場公開されている。

ティザービジュアルには、「激しく、美しく、生きた―」というキャッチコピーとともにオスカルとマリー・アントワネットが描かれ、特報映像にはティザービジュアルと原作漫画の絵をもちいた期待感の高まるものとなっている。

なお9月17日から都内で開催される展覧会「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 -ベルばらは永遠に-」では、ティザービジュアルのほかアニメのキャラクター設定画と背景設定画の一部をいち早く見ることができる。

原作者の池田氏からのコメント全文とお祝いイラストは以下のとおり。

【池田理代子(原作)】

(C) 池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会

イメージを拡大

・連載から50年という節目を迎え、劇場アニメ化のお話がきたときのお気持ちをお聞かせください。

多くのファンの方たちから、新しいアニメをというご希望をよくいただくので、まさかそれが実現するなんて、驚きと嬉しさでいっぱいです。

・池田理代子先生にとって「ベルサイユのばら」はどんな存在ですか?

作品は、読む読者が感じ取るもので、私にとってどうと聞かれると難しいのですが、世代を超えて読み継がれるということは、本当に嬉しいです。

イベント情報・チケット情報

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー【東京展】 0
開催日
2022年9月17日(土)
場所
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(東京都)

フォトギャラリー

  • ティザービジュアル
  • 池田理代子

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。