スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 漫画「マッシュル-MASHLE-」23年夏に舞台化 筋肉×魔法のアブノーマルファンタジー

イベント 2022年12月18日(日)17:00

漫画「マッシュル-MASHLE-」23年夏に舞台化 筋肉×魔法のアブノーマルファンタジー

アニメ化に続き舞台化も決定!

アニメ化に続き舞台化も決定!

(C)甲本 一/集英社 (C)「マッシュル-MASHLE-」舞台製作委員会

イメージを拡大

甲本一氏の漫画「マッシュル-MASHLE-」が2023年夏に舞台化されることがわかった。総合演出を松崎史也、演出を伊藤今人(梅棒/ゲキバカ)が務め、脚本は亀田真二郎が担当。キャストなどの詳細は後日発表される。

2020年から「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の同作は、誰もが魔法を使う「魔法界」を舞台に、魔法が使えないため日夜筋トレに励む少年マッシュ・バーンデッドが、命を狙われる立場となってしまい、鍛え抜かれたパワーで魔法を粉砕していく“アブノーマル魔法ファンタジー”。23年4月には、テレビアニメ化されることも決まっている。

イベント情報・チケット情報

特集コラム・注目情報