スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「オーフェン 聖域編」4月放送開始 日笠陽子、石田彰、安元洋貴ほか出演決定&キービジュアル公開

ニュース 2023年1月10日(火)21:00

「オーフェン 聖域編」4月放送開始 日笠陽子、石田彰、安元洋貴ほか出演決定&キービジュアル公開

キービジュアル

キービジュアル

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

「魔術士オーフェンはぐれ旅」の「聖域編」が、放送中の「アーバンラマ編」に引き続き、4月から放送されることが決定した。日笠陽子石田彰安元洋貴日野聡金田朋子が出演する。キービジュアルも公開されている。

原作は、シリーズ累計1400万部(電子書籍含む)を突破している秋田禎信氏によるダークファンタジー小説「魔術士オーフェン」シリーズ(TOブックス刊)。優れた魔術士を養成する「牙の塔」で、大陸最強とうたわれる黒魔術士チャイルドマンに師事した少年キリランシェロが、姉と慕うアザリーの失踪を契機に「牙の塔」を出奔。その後、オーフェン(CV:森久保祥太郎)と名を変え、モグリの金貸しを営むなかでアザリーらと思わぬ再会を果たし、仲間たちとともに各地を巡る旅に出る。テレビアニメは20年に第1期、21年に第2期「キムラック編」が制作され、今年1月から第3期「アーバンラマ編」が放送中。

日笠は、第1期から引き続きアザリー役を担当。「最接近領」の領主アルマゲストを石田、宮廷魔術士「十三使徒」を率いるプルートーを日野、恐るべき格闘術の使い手ジャックを安元、伝説の地人・銀月姫を金田が演じる。

キービジュアルは、オーフェンとアザリーを描いたイラスト。エドとロッテーシャを描いた「アーバンラマ編」のキービジュアルと合わせることで、オーフェンとエドが背中合わせになった1枚の画稿が完成する。

1月8日の先行上映会の模様

1月8日の先行上映会の模様

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

これらの発表は、1月8日に東京・新宿バルト9で開催された「アーバンラマ編」先行上映会で行われた。上映後には、オーフェン役の森久保、マジク役の小林裕介、ロッテーシャ役の青木志貴の3名が登壇。「聖域編」について、青木は「聖域編までギュッと2クールで詰められたなと思う部分があります」と語り、小林は「今回はそれぞれのキャラクターの成長が今まで以上に深く描かれており、聖域編を終えることでマジクも大きな決断を下すことになります」とコメント。森久保は、「皆さんの応援があって、長い年月この作品が皆さんのもとにお届けでき、僕が参加できることを本当にうれしく思います」と感謝を述べていた。

以下に追加キャストからのコメントを掲載する。


日笠陽子(アザリー役)】

アザリー(CV:日笠陽子)

アザリー(CV:日笠陽子

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

1.ご自身の役柄について
とにかく奔放で自分の考えを貫き通す女性です。はたから見ると、かなり我儘で自分勝手に映るのではないでしょうか。
そんな勝手ばっかして! と注意されても気にも留めず、その3倍位屁理屈で返しそう。視聴者さんにはどう思われているんだろう、ドキドキ(笑)。なので、どこか憎めなさや可愛げはエッセンス的に入れたい! と思いながら演じています。

2.ご自身が思うオーフェンの面白さ・注目ポイント
壮大な世界観、魔法での戦いの激しさやかっこよさは魅力的ですし、物語が進むにつれてどんどん難解かつシリアスになっていき奥深さを増していきます。
が! 個人的に、ボルカンドーチンの掛け合いを久しぶりに見た時に、ああオーフェンの世界に帰ってきたな……! と思いました。
私のなかでのオーフェンの面白さ、という部分にこの2人のやり取りは欠かせません!

3.ファンへの一言
オーフェンのアニメが始まった一番最初は、オーフェンから義姉を助けたいという想いをひしと感じていたのですが、物語が進むにつれ、アザリーの、チャイルドマンを通してキリランシェロへの執着を感じるようになりました。そしてその執着に決着がつくのでしょうか……。
皆さんの応援のおかげで新シリーズに携われたので感謝しております!
ぜひ楽しみにしていてください!


石田彰(アルマゲスト役)】

アルマゲスト(CV:石田彰)

アルマゲスト(CV:石田彰

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

1.ご自身の役柄について
アルマゲストは最接近領の領主です。オーフェン達に絡んでくる立場のキャラクターである以上、当然ながら裏で何やらゴニョゴニョやっているようです。単純な人ではないということですね。

2.ご自身が思うオーフェンの面白さ・注目ポイント
アルマゲスト周りにポイントを絞ると、当然初登場時の第一印象というものがあるわけですが、ストーリーが進んで徐々に彼の真意が明らかになるに従い、彼に対する僕の個人的な評価は変化していきました。そういううねりを感じられるところが面白いです。

3.ファンへの一言
魔術士オーフェンはぐれ旅 アーバンラマ編」に引き続き「聖域編」にもぜひご期待ください。お楽しみに。


安元洋貴(ジャック役)】

ジャック(CV:安元洋貴)

ジャック(CV:安元洋貴

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

1.ご自身の役柄について
朴訥としていて、タフ。そんな男です。口数よりも拳で語るというスタイル。俺は好きです。

2.ご自身が思うオーフェンの面白さ・注目ポイント
群像劇なんですが、最後にしっかりまとまるところですかね。目を離さないでたくさん見返していろいろ見つけて欲しいです。

3.ファンへの一言
お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。マジで。目一杯、楽しんでください。
沢山の発見とそれに付随する喜びが皆様に襲い掛かりますように。


日野聡(プルートー役)】

プルートー(CV:日野聡)

プルートー(CV:日野聡

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

1.ご自身の役柄について
私が演じさせていただいたプルートーは「王都の魔人」の異名を持つ十三使徒の筆頭で、誇りと使命感が強いキャラクターです。聖域編中盤以降の登場となりますので彼の動向にぜひ注目いただければと思います。

2.ご自身が思うオーフェンの面白さ・注目ポイント
私が思う「オーフェン」の面白さは、キャラクターや物語を含めた設定のこだわりや心理を読み解いていくような難しい会話のやり取りですね。そしてバトルシーンでの詠唱が好きです!

3.ファンへの一言
このたび「魔術士オーフェン はぐれ旅 聖域編」でプルートー役を担当させていただく日野聡です。歴史ある「オーフェン」シリーズに参加できる喜びと共に、誇りと使命感に溢れるプルートーを演じましたので楽しんでいただければと思います。ぜひ、ご覧ください!


金田朋子(銀月姫役)】

銀月姫(CV:金田朋子)

銀月姫(CV:金田朋子

(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023

イメージを拡大

1.ご自身の役柄について
「来世に期待!」って感じで銀月姫は来世はこんな風になれたらいいなぁ~と憧れる雰囲気で私とは全くかけ離れた印象でした!
でも私の素の感じでいいと言っていただき、なんか急に親近感が湧きまくり、そして銀月姫役をやらせていただくことができて「来世に期待!」しなくても今世で夢が叶っちゃいました(笑)。銀月姫をやらせていただけてとってもラッキーでした!!

2.ご自身が思うオーフェンの面白さ・注目ポイント
本能で生きてる私はカッコいい戦いのシーンで思わず変な擬音を出しちゃったり、全く言うつもりがなかったアドリブとかもオッケーをいただけたり、そういうその時に思わず出ちゃったお芝居を生かしていただけるとっても素敵な現場で、私の出番はそんなになかったのですが大好きな現場になっちゃいました!
私のシーン以外にもそういうハプニング的なお芝居がそのまま使われてるシーンがあるかもしれないので、そういう部分も楽しめる面白さがある作品だと思います!

3.ファンへの一言
何話か出させていただいた私もすぐに大好きな現場になっちゃったくらい素敵な作品です! 何回かみても違う発見があったり楽しめる作品だと思うので、みなさんぜひぜひみてくださーい! 私的には長嶋茂雄さんが大好きなので3回は見ていただきたいです!

フォトギャラリー

  • キービジュアル
  • 1月8日の先行上映会の模様
  • アザリー(CV:日笠陽子)
  • アルマゲスト(CV:石田彰)
  • ジャック(CV:安元洋貴)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報