スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 漫画「あなたがしてくれなくても」実写ドラマ化 奈緒×永山瑛太、岩田剛典×田中みな実がセックスレス夫婦に

ニュース 2023年2月24日(金)22:00

漫画「あなたがしてくれなくても」実写ドラマ化 奈緒×永山瑛太、岩田剛典×田中みな実がセックスレス夫婦に

夫婦のタブーに切り込む!

夫婦のタブーに切り込む!

(C)フジテレビ

イメージを拡大

奈緒が、4月期の木曜劇場「あなたがしてくれなくても」でフジテレビ系連続ドラマ初主演を飾ることがわかった。岩田剛典、田中みな実、永山瑛太が共演し、夫婦のセックスレスをテーマにした大人の恋愛ドラマを繰り広げる。初回は、4月13日22時より15分拡大で放送予定。

原作はハルノ晴氏による同名コミックス(双葉社刊)。2017年から漫画雑誌「漫画アクション」で連載が開始し、セックスレスの問題に直球で切り込んだ衝撃作として大きな話題を呼んだ。特に30代~40代女性から支持を集め、18年には電子書籍「めちゃコミック」の年間ランキング1位に輝き、現在9巻まで発売されているコミックスは電子書籍と合わせて累計部数830万部を突破している。

(C)ハルノ晴/双葉社

イメージを拡大

14年放送の「昼顔 平日午後3時の恋人たち」の西谷弘監督がメガホンをとり、当時の制作スタッフが9年ぶりに集結。劇中では、奈緒と永山、岩田と田中が、傍から見たら幸せそうな2組の夫婦を演じる。押さえ込んでいた本音があふれた時、夫婦の均衡は瞬く間に崩れ、彼らの関係は複雑にもつれていくことになる。

主人公は32歳のOL・吉野みち(奈緒)。建設会社の営業課で働き、平凡だが不自由ない生活を送っている。37歳の夫・吉野陽一(永山)とは結婚5年目。今でも仲は良いが、気がつけばセックスレス歴2年。毎晩同じベッドで寝ているのに陽一は決してみちに触れようとしない。「女としての魅力が足りないのかもしれない」という後輩のアドバイスもあって、派手な下着を購入してみたり、スキンケアしたりと努力を重ねるが、いつも期待外れの結果に終わってしまう。夫の愛を感じられず、「このまま女として終わるのかなぁ」と漠然とした不安を抱えているうちに、夫婦の関係は少しずつこじれていく。

一方、カフェで雇われ店長をしている陽一は、人付き合いが苦手で接客には向かず、店はあまり繁盛していない。人との関わりを避けて生きる陽一にとって、みちは唯一全く気を遣わずに一緒に居られる存在。自分のダメな部分も含めて優しく受け入れてくれる彼女のことを愛しているが、いざその場面になるとプレッシャーに感じてしまい、いつも適当にはぐらかして逃げてしまう。陽一はセックスレスでもいい夫婦関係を築けていると信じており、「性格もぴったり、仲も良い、一緒にいて楽しい。それって十分夫婦として成り立っていると思うんだよ」とみちに思いを打ち明ける。

岩田と田中が演じるもう1組のカップルは、美男美女の理想の夫婦。36歳の新名誠(岩田)は、みちの会社の上司。働きぶりは優秀で人当たりも良く、端正な顔立ちのため社内にはファンも多い。愛妻家だともっぱらのウワサで、モテるが浮ついたそぶりは一切見せず、模範的な人生を送っている。自立した女性がタイプで、楓(田中)はまさに理想の女性。ファッション誌という華やかな世界で生き生きと活躍する楓を献身的に支えることに生きがいを感じているが、新名もまた、誰にも言えない秘密を抱えていた。

楓は、ファッション誌の副編集長に就任したばかりのバリキャリ女性。自分磨きも怠らず、容姿にも自信がある。今がキャリアの正念場だとプレッシャーを感じており、プライベートを犠牲にして仕事に没頭する日々を送っている。誠が献身的に支えてくれるから今の自分があると感謝しているが、心に余裕がなく、誠をぞんざいに扱ってしまうことも。どんな時も優しく気遣ってくれる誠だが、夫婦で向き合う時間はほとんど取れておらず、彼の本音には気づけていない。

ある日、夜の約束を陽一にすっぽかされたみちは、一人寂しく夜風を浴びながら缶ビールを飲んでいた。そこに偶然、誠が通りかかり、2人は肩を並べて飲むことに。するとみちは酔いに任せて夫とセックスレスであることを誠に告白してしまう。この日を境に、それぞれの夫婦が抱える問題が表面化していく。

キャストとプロデューサーの三竿玲子氏のコメント全文は以下の通り。


奈緒

◆オファーを受けた時の感想

もともと原作マンガを読んでいたのでびっくりしました。原作がすごく面白くて好きだったので、純粋にうれしかったです。

◆フジテレビ系ドラマ初主演の意気込み

今年の占いで“初めてのことに挑戦するといい”と出ていたので、今年初めての大きな挑戦をこのドラマで経験させていただけるのはすごくうれしいです。

今回の現場では初めてお会いする方が多くいらっしゃいますが、初めての皆さんと新しい作品を作れるのはすごく楽しみです。何よりも自分自身が楽しみながら現場にいられたらと思っています。

◆永山さんとのポスター撮影は?

緊張しました! 私が瑛太さんと初めてお会いしたのは福岡にいる時で、ちょうど上京しようとしていた頃でした。今回、この作品で瑛太さんと再会できたのがすごくうれしいです。

瑛太さんと私は、結婚5年目という長く連れ添った夫婦の役なのですが、私たちの空気でお芝居させていただいた時、どういう夫婦になるんだろうと今からすごく楽しみにしています。

◆みちを演じるうえで心がけようとしていること

この物語の登場人物はみな、自分とも向き合って、相手とも向き合って、いろんな悩みや迷いと出会います。“だからこそ、これだけ多くの方に届く作品なのかな”と思いながら原作を読んでいたので、私も怖がらずにみちと一緒に悩んだり、迷ったりしていこうと思います。

◆視聴者へメッセージ

主人公や、いろんな登場人物に寄り添いたくなるドラマになると思います。誰に寄り添うのかは、皆さんが自由に見てくださったらうれしいです。一生懸命作ります。


【岩田剛典】

◆オファーを受けた時の感想

木曜劇場は「ディア・シスター」以来8年半ぶりの出演になります。久しぶりにこの枠に帰ってきて、大人になったなと思う気持ちもありますし、自分にとっては夫婦の人間模様が展開されていくドラマは初めてなので楽しみです。共演者の皆さんも初めましての方ばかりなので、今からお芝居するのが楽しみです。

◆原作を読んだ感想

これまで「金魚妻」や不倫をテーマにした作品に出演させていただいたので、そういう経緯でオファーいただいたのかなと思ったくらい、なかなか攻めた内容になっていると思います(笑)。ドラマが映像化されてどんな展開になっていくのかも、自分自身楽しみです。

◆田中さんとのポスター撮影は?

ドラマのお仕事は初めてですけど、バラエティー番組などでお会いしたことはありますので、初日から打ち解けられているような気がします。

◆新名を演じるにあたり心がけようとしていること

原作があるといえど、脚本をしっかり読んで、ドラマ版の新名という役どころをつかんでいきたいと思いますし、これから監督とも相談しながら作っていきたいと思います。

◆視聴者へメッセージ

夫婦の人間模様を楽しんでいただけると思います。もしかしたらドロドロした部分もあるかもしれませんが、登場人物の誰かしらにすごく共感していただけるような内容になると思うので、ぜひ楽しみにしてください。

【田中みな実】

◆オファーを受けた時の感想

3年ほど前に電子コミックで読んでいたので、お話をいただいた時、“え、あの作品!?”と驚きました。結婚している、していないに関わらず、長くお付き合いをしているとこういうこともあるのかなと、自分に置き換えて読んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

◆岩田さんとのポスター撮影は?

バラエティー番組などでご一緒させていただいていますので、今日の撮影も自然と打ち解けられました。岩田さんは西谷監督の「シャーロック」に出演されていますし、いろいろと教えていただきながら引っ張ってもらいます。

◆楓を演じるにあたり心がけようとしていること

強く見え過ぎない方がいいのかな? 夫への愛はあるし、好きだから、信用しているからこそ多忙を理由に甘えてしまっている。やるせなさや葛藤を表現できればと思います。

◆視聴者へメッセージ

木曜日の夜にご覧いただいて、金曜日に職場や学校で話題にしてもらえるといいなぁ。話題に事欠かないドラマになると思いますのでご期待ください。


【永山瑛太】

◆オファーを受けた時の感想

問題作と言いますか、いろいろと良い意味で賛否両論を呼ぶような作品で、挑戦しがいがあるので、楽しみたいなと思いました。

奈緒さんとのポスター撮影は?

初めて福岡でお会いした時からすごく芯がしっかりしていて、今後女優さんとして何か起こしてくれる方だなと直感していました。今日のスチール撮影でも、お互い気を遣い合わなくても、自然に波長があっているという感覚がありました。これからお芝居する上でいろいろな心の機微を表現していきたいですが、そこでもまた新しい奈緒さんを見られることを楽しみにしています。

◆陽一を演じるにあたり心がけようとしていること

ドキドキハラハラしながら原作を一気に読ませていただきました。陽一という人は、おそらく世の女性の大半の方を敵に回すと思います(笑)。そういう叩かれ具合というのも、役者としては楽しんでいきたいですし、陽一にも心の中にいろいろ思いがあるわけで、そこが露呈されていった時に視聴者の方々に何を感じていただけるかなと期待しています。

◆視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

“結婚ってなんだろう”とか、“男と女ってなんだろう”とか、“瞬間的に運命と向き合った時に人はどう動くんだろう”とか、ドラマでしか描けない生々しさを楽しんでいただけたらなと思います。


【プロデュース:三竿玲子氏(フジテレビドラマ・映画制作センター)】

◆企画の経緯

原作は女性から圧倒的支持を得る大ヒットコミックで、夫婦のタブーをテーマにし、なかなか口に出しては言えない、でも誰もが密かに心の中に思っていることがたくさん描かれていて、大変面白く、私も一ファンとして読ませていただいておりました。

2組の夫婦、4人がそれぞれに悩みがあり、思いがあり、もがき苦しんでいる。誰一人として本当の意味で悪者はいないこの作品にほれ込み、映像化のオファーをさせていただきました。

◆吉野夫婦のキャスティング

みちは派手なことはせず真面目に生きてきた“普通”の女の子で、だからこそ、彼女が心に隠しているセックスレスの悩みは他人事ではなく共感を呼ぶのだと思います。さまざまな個性的な役もこなす演技力がありながら、“普通”をものすごくチャーミングに演じられるのは奈緒さんしかいないと思いオファーさせていただきました。

陽一は、その行動自体は女性に嫌われる要素もありますが、それでもどこか憎めない人間味がある役どころです。彼を圧倒的に魅力的に、説得力を持って演じられる方に、という思いから、コメディからシリアスまで幅広くこなす演技力と、年々増している大人の色気と、たまに垣間見える少年のようなかわいさを併せ持つ永山さんにお願いさせていただきました。

◆新名夫婦のキャスティング

新名は、誰もが憧れる“王子様感”と色気があるミスターパーフェクトに見えますが、実はずっと密かに抱えていたものがあり、苦しんでいる男性です。パフォーマーとしても俳優としても人気があり、圧倒的“王子様感”のある岩田さんのパーフェクトさが崩れていく、悲しい、寂しい表情のお芝居を見たいと思いオファーさせていただきました。

楓は、優雅に泳ぐ白鳥が水面下で必死に足を動かしているように、キラキラした世界での活躍の裏で必死に努力している女性です。女優としても今注目されていて、女性の憧れの的であり、洗練されていて、凛(りん)とした大人の女性で、自分をしっかりと持っている印象の田中さんにピッタリな役柄だと思いました。今回、この豪華な4人のキャストにお願いできたことを、本当にうれしく思っています。

◆視聴者へメッセージ

心揺さぶられる原作の物語にドラマオリジナルのエッセンスを盛り込み、原作のファンの方もドラマから見ていただく方も、4人の誰かに必ず“自分”を見つけて共感できるドラマになっていると思います。この春は、「あなたがしてくれなくても」に是非、ご期待ください。

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • 夫婦のタブーに切り込む!

フォトギャラリーへ

タグ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。