スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした」蒼井翔太主演でTVアニメ化

ニュース 2023年6月20日(火)18:00

「出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした」蒼井翔太主演でTVアニメ化

主人公アレンが描かれたティザービジュアル

主人公アレンが描かれたティザービジュアル

(C) 紅月シン・TOブックス/出来そこ製作委員会

イメージを拡大

小説投稿サイト「小説家になろう」発のファンタジー小説「出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした」(TOブックス刊)のテレビアニメ化が決定した。主人公のアレン役を蒼井翔太が担当する。

紅月シン氏による原作は、「小説家になろう」での累計閲覧数が3800万、書籍版の累計発行部数(電子書籍含む)が75万を突破する人気作。神の恩恵である“ギフト”を得られなかった出来損ないとして、実家である公爵家を追い出された少年・アレンは、実は英雄として名をはせた前世の記憶と力を持っていた。新たな人生では平穏に暮らしたいと願い、自由気ままな旅を始めようとするアレンだったが、その矢先に元婚約者の暗殺未遂に遭遇してしまう。原作小説は既刊5巻で、烏間ル氏によるコミカライズは既刊7巻。

原作ライトノベル書影

原作ライトノベル書影

イメージを拡大

監督には「彼女、お借りします」の古賀一臣を迎え、「七つの大罪 憤怒の審判」の池田臨太郎がシリーズ構成、大草芳樹が脚本、「神クズ☆アイドル」の細田沙織がキャラクターデザインを担当する。アニメーション制作は「七つの大罪 憤怒の審判」を手がけたスタジオディーンとマーヴィージャックが行う。

また、武器を携えて振り返るアレンと、彼の「ようやく探しに行くことができる。前世から待ち望んだ平穏な暮らしを。」という願いが記されたティザービジュアルも公開されている。

蒼井のコメント、原作関係者のコメントとお祝いイラストは以下の通り。


蒼井翔太(アレン役)】

アレン役の蒼井翔太

アレン役の蒼井翔太

イメージを拡大

このたび、アレン役を務めさせていただくこととなりました!
次々に出逢うキャラクターたち。彼の理想と……理想とは何故かほど遠くなってしまう今世の物語!
皆さんに楽しんでもらえるように、そして愛してもらえるように、彼に命を吹き込みたいと思います!
放送を楽しみに待っていてくださいね!


【紅月シン(原作)】
最初にアニメ化の話をお聞きした時は、正直あまり実感が持てませんでした。いえ、実は今もそこまで持ててはいません。しかし、そんな私でも分かっていることはあります。それはこうして無事アニメ化の発表をすることができたのは、今まで応援してくださった読者の皆様のおかげだということです。もちろん、この作品を作るにあたり協力してくださった皆様のおかげでもあります。本当にありがとうございます。
このアニメがどういったものになるのか、それがわかるのは完成した時になるかと思いますが、私も一視聴者としてその時を楽しみにしておきたいと思います。
また、アニメに負けないよう、原作・漫画共に頑張っていきたいと思っていますので、応援の程よろしくお願いいたします。


【ちょこ庵(原作イラスト)】

原作イラスト・ちょこ庵氏のお祝いイラスト

原作イラスト・ちょこ庵氏のお祝いイラスト

(C) 紅月シン・TOブックス/出来そこ製作委員会

イメージを拡大


【烏間ル(漫画)】
出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした」祝アニメ化! 原作の紅月シン先生、ちょこ庵先生、本当におめでとうございます!!
いつもコミカライズでお世話になっているアレンたちが、動いてしゃべるところを想像しただけでワクワクが止まりません! いち視聴者として本当に楽しみです!
アレン~! みんな~! 頑張ってね~!

作品情報

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした 11

「ようやく探しに行くことができる。前世から待ち望んだ平穏な暮らしを。」神の恩恵『ギフト』を得られず、出来損ないと呼ばれた少年・アレン。しかし、彼の正体は――前世の記憶と力を持つ元英雄だった!?実...

2024春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 主人公アレンが描かれたティザービジュアル
  • アレン役の蒼井翔太
  • 原作イラスト・ちょこ庵氏のお祝いイラスト
  • 原作ライトノベル書影

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報