スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版ブルーロック」主題歌でNissyとSKY-HIがコラボ 原作ファンのSKY-HIは「責任が大きいぞ、という気持ち」

ニュース 2024年2月7日(水)12:00

「劇場版ブルーロック」主題歌でNissyとSKY-HIがコラボ 原作ファンのSKY-HIは「責任が大きいぞ、という気持ち」

主題歌はNissyとSKY-HIのコラボレーション楽曲「Stormy」

主題歌はNissyとSKY-HIのコラボレーション楽曲「Stormy」

(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

イメージを拡大

劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪」の主題歌が、ソロ活動10周年を迎えたNissyと、メジャーデビュー10周年のSKY-HIがコラボレーションした楽曲「Stormy」に決定。1つの王冠を奪い合う激しさを表現した、書き下ろし楽曲となっている。

2023年末にソロアーティストとして初コラボを果たし、話題を呼んだNissyとSKY-HI。このほど再タッグが実現し、参加の喜びと楽曲に込めた思いを明かしている。


【Nissy コメント】

イメージを拡大

●主題歌オファーを受けた心境
率直に嬉しかったです。日本のアニメは世界的な注目度も高く、日本文化の象徴的な存在になってきている中、大ヒット中の『ブルーロック』の記念すべき劇場版1作目の主題歌と伺い、日本を代表する作品を後押しさせていただくというプレッシャーも感じました。

●主題歌「Stormy」の制作でこだわった部分や楽曲に込めた思い
今回のテーマは「凪」。言葉数が少なく、意欲的に取り組むことを好まなかった彼が、玲王に誘われて始めたサッカーで“ブルーロック”に招待されたことがきっかけで、ボッと「エゴ」の炎がついた。その瞬間に、どんな音楽がかかるかを想像しました。

「エゴ」が生まれたことで加速していく圧倒的なセンスと、あの気の抜けためんどくさがる雰囲気、そしてどこか冷めている。
そんな凪の雰囲気にあわせて楽曲にも緩急をつけました。歌詞はやはり凪と玲王のやり取りが必要だと思い、ブルーロックファンのSKY-HIと話し合いながら共作しました。この作品を共に盛り上げていけるよう、後押しになれたらとても嬉しいです。
ぜひ、ブルーロックも楽曲もあわせて楽しんでいただけたらと思います。


【SKY-HI コメント】

イメージを拡大

●主題歌オファーを受けた心境
原作ファンでありましたから、これは責任が大きいぞ、という気持ちが大きかったです。ただ、感情を移入する部分はそれより更に大きかったです。

●主題歌「Stormy」の制作でこだわった部分や楽曲に込めた思い
エゴと利他、愛情と裏返しの憎しみ、キャラクターと自分、相反する二つの想いを一つにする事をとにかく心掛けました。
作中で本人が話すワードを少し入れる作業もしましたが、楽曲が進むにつれて感情と行動に変化がある辺りも作品へのリスペクトとオマージュです。


アニメ「ブルーロック」は、「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載されている、コミックス累計発行部数3000万部突破のサッカー漫画が原作。日本をワールドカップ優勝に導くためのプロジェクト「ブルーロック(青い監獄)」に集められた潔世一(CV:浦和希)ら300人の高校生ストライカーが、299人を蹴落として最強のストライカーになるために戦う姿を描く。

スピンオフ作品「EPISODE 凪」をアニメ化する劇場版は、天才フォワード・凪誠士郎(CV:島崎信長 ※崎はたつさきが正式表記)の視点でブルーロックでの戦いが展開される。4月19日から公開。

作品情報

劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪

劇場版ブルーロック EPIOSODE 凪 3

「めんどくさい」が口グセの高校2年生・凪 誠士郎は、日々を無気力に生きていた。 W杯優勝を夢見る同級生の御影玲王が、その才能を見つけだすまでは。 玲王に誘われるがままにサッカーを始めた凪は、圧倒...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 主題歌はNissyとSKY-HIのコラボレーション楽曲「Stormy」

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。