スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「AnimeJapan 2018」イベント特集 > 「LOST SONG」放送直前ステージ 主演・鈴木このみだけがすべて知らされていた“驚きの展開”

特集・コラム 2018年3月25日(日)18:44

「LOST SONG」放送直前ステージ 主演・鈴木このみだけがすべて知らされていた“驚きの展開”

イメージを拡大

TOKYO MXほかで4月7日からスタートするテレビアニメ「LOST SONG」の放送直前ステージが、3月25日に「AnimeJapan 2018」で行われた。

同作は、緑豊かな辺境の村に住む少女リンと、華やかな王都の歌姫フィーニスを中心に据えた、オリジナル王道ファンタジー作品。傷を癒やしたり水をつくったりと、さまざまな奇跡を起こす“歌”を歌う、2人の少女の過酷な旅が描かれる。

ステージは、リン役の鈴木このみによる、オープニング主題歌「歌えばそこに君がいるから」の生歌唱で開幕。フィーニス役の田村ゆかり、アル役の久野美咲、コルテ・メル役の茅野愛衣、ルード・ベルンシュタイン4世役の鈴木裕斗が合流し、鷲崎健による司会でトークを展開した。

同作の魅力や裏話について、出演者がパネルに書いたキーワードをもとにプレゼンするコーナーでは、茅野がメル役のオーディションでのエピソードを披露。急遽コルテ役もやってみてほしいとのスタッフからの要望を受け、ぶっつけ本番で挑戦してみたところ、後日2役を演じることが決まって驚いたのだという。その決定には理由があるが、放送が終わるまでは明かすことができないと、茅野は言葉を濁していた。

一方、鈴木は「歌えばそこに君がいるから」の作詞を畑亜貴と手がけるにあたり、その資料として本作の筋書きをすべて教えてもらっていたことを明かした。収録現場で、先の展開についての説明があるたび、知らないふりをして、ほかのキャスト陣といっしょに驚いてみせていたことを暴露すると、観客から笑いが巻き起こった。

初公開となる第3弾プロモーションビデオも上映。「救いの歌」「終滅の歌」という対になるようなキーワードも飛び出し、物語の核心により迫った内容となっていた。同PVは公式サイトで配信中。

閉幕のあいさつでは、出演者全員が「驚きの展開が待っている」と口々にアピール。久野ははじめて本格的に少年役に取り組むことへの意気込みを語り、鈴木は自身が演じるリンとともに、声優として成長していくことに意欲を燃やしていた。

アニメハック編集部

「AnimeJapan 2018」イベント特集

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

LOST SONG

LOST SONG Check-in15

緑豊かな辺境の村に住むリンはちょっと食いしん坊で元気な女の子。一方、華やかな王都の歌姫・フィーニスは王宮の奥深く、孤独な毎日を過ごしている。2人には他の人間にはない、特別な力がある。傷を癒し、水...

2018春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ