スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「AnimeJapan 2024」イベント特集 > 「キミ戦」第2期、7月放送開始 追加キャストに榎木淳弥、富田美憂

特集・コラム 2024年3月24日(日)20:00

「キミ戦」第2期、7月放送開始 追加キャストに榎木淳弥、富田美憂

(C)細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦2製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season ll」の放送が7月からスタートすることが決定し、榎木淳弥富田美憂の出演が明らかになった。ノンクレジットエンディング映像も特別先行公開されている。3月23日に「AnimeJapan 2024」内で開催されたステージ内で発表された。

同作は、細音啓氏によるファンタジー小説(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化第2期。機械じかけの理想郷“帝国”と、超常的な力・星霊術を駆使する“ネビュリス皇庁”の二大勢力が対立する世界を舞台に、史上最年少で帝国軍の最高戦力“使徒聖”に選ばれた剣士・イスカ(CV:小林裕介)と、“氷禍の魔女”と恐れられる皇庁の王女アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世(雨宮天)が、激闘のなかで惹かれあっていく姿を描く。「Season l」は、2020年に全12話が放送された。「Season ll」ではイスカとアリスが思わぬ再会を果たす一方、皇庁内で帝国の内通者が暗躍し女王捕獲計画が動き出す。

(C)細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦2製作委員会

イメージを拡大

榎木が使徒聖の第一席“瞬(またたき)”の騎士・ヨハイム役を担当。富田が使徒聖の第三席“降りそそぐ嵐”の冥役を務める。

作曲家の俊龍による音楽プロジェクト「Sizuk」が担当するエンディング主題歌「Para Bellum」を使用したノンクレジットエンディング映像は、魔女・魔人の楽園と言われるネビュリス皇庁の王女たちに焦点を当てた内容。第2王女であるアリスが女王候補となり得る王女たちと踊るシーンでは、第3王女スベル・ルゥ・ネビュリス9世(和氣あず未)、第1王女イリーティア・ルゥ・ネビュリス9世(沢城みゆき)、ゾア家の王女キッシング・ゾア・ネビュリス9世(小原好美)、そして青い髪の謎の少女が登場する。

そのほか、4月10日深夜2時14分からABCテレビで「Season l」が再放送されることも決まった。

スペシャルコラボステージの模様はYouTubeでアーカイブ配信中。キャスト陣からのコメント全文は以下の通り。

榎木淳弥(ヨハイム役)】

(C)細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦2製作委員会

イメージを拡大

ヨハイムを演じさせていただきます、榎木淳弥です。
ヨハイムは寡黙で謎の雰囲気をまといながらも、圧倒的な強者のオーラが感じられる人物です。
寡黙ですが彼なりの強い信念があるので、その芯の強さが表現できればなと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

富田美憂(冥役)】

(C)細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦2製作委員会

イメージを拡大

“使徒聖”第三席・冥を演じさせていただきます、富田です。
冥は、やんちゃで何よりも戦うことが大好きな子です。
言葉のはしばしに、ただものじゃない雰囲気と狂気が垣間見えるように演じさせていただいています。
彼女がどのように戦いを繰り広げていくのか、ぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。

アニメハック編集部

「AnimeJapan 2024」イベント特集

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season II

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 Season II 5

科学技術が高度に発達した機械仕掛けの理想郷「帝国」。超常の力を駆使し、“魔女の国”と恐れられる「ネビュリス皇庁」。百年にわたる戦争を続けてきた両国には、二人の英雄がいた。最年少にして帝国の最高戦...

2024夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報