スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 明田川進の「音物語」 > 【明田川進の「音物語」】第54回 藤岡豊さんとご一緒した「天才バカボン」

特集・コラム 2021年10月16日(土)19:00

【明田川進の「音物語」】第54回 藤岡豊さんとご一緒した「天才バカボン」

イメージを拡大

前回お話した「空手バカ一代」は東京ムービー(現トムス・エンタテインメント)が制作した作品で、僕がグループ・タックにいた頃の仕事です。東京ムービーの藤岡(豊)さんと田代(敦巳)氏は遊び仲間で、そこから僕のほうにも声がかかるようになりました。

藤岡さんとご一緒した仕事では、録音監督をやった「天才バカボン」(1971~72)がいちばん長かったはずです。アニメをやる前からすごい漫画だと思っていて、放送がはじまる前、新宿のゴールデン街で赤塚不二夫さんが飲んでいるからと連れていかれたことがあります。何を話したのかは覚えていませんが、原作のことは気にせずどんどんやってくださいという話だったんじゃないでしょうかね。

藤岡さんからは週に1回スポンサーの会社の社長のところに行くとき、音に関係してくるから一緒にきてほしいと毎回同行していた記憶があります。スポンサーだから当然なのですが、そこで内容についての要望がいろいろとでるわけです。赤塚さんの作品は過激なギャグやブラックユーモアが魅力で、当時は今よりも寛容だったと思いますが、それでもこの言葉を使うのはやめてほしいと言われることが多かったです。台本の読み合わせ段階で放送コードに引っかかるところもたくさん出てきて、本当は「バカ」という言葉もよくなかったらしいのですが、そこをとってしまうとどうしようもなくなっちゃいますからね。僕はブレーキをかける側ではなく、原作にある過激さをなるべく削らない方向でいけたらという姿勢でいましたが、それでも最終的にどうしてもこのセリフは駄目だからとアフレコ後に録りなおしたことが何回かあったと思います。

バカボンのパパ役を誰にやってもらうかは何回となく話し合って、雨森雅司さんにやってもらうことになりました。どうしても普通の芝居になりがちなところをどう破天荒にやるのか毎回つくりこんでいくのは大変でしたけど面白かったですね。レレレのおじさん役の槐柳二さん、本官さん役の田の中勇さんの芝居も楽しくて、ご本人が「これでいいの?」と言うのを「いいです、いいです」とやっていたのがわりと評判になりました。

僕が関わった手塚治虫さん原作のアニメは優等生的な内容で、お話もきちっと説明するものが多かったですけど「バカボン」は正反対の作品でした。両極端なものができたのは面白かったですね。

明田川 進

明田川進の「音物語」

[筆者紹介]
明田川 進(アケタガワ ススム)
マジックカプセル代表取締役社長、日本音声製作者連盟理事。日本のアニメ黎明期から音の現場に携わり続け、音響監督を手がけた作品は「リボンの騎士」「AKIRA」「銀河英雄伝説」「カスミン」など多数。

作品情報

天才バカボン

天才バカボン 1

奇天烈なパパと美人なママを持つ、お人よしで天然ボケな小学生バカボンがある町に引っ越してきた。その町には、いつも掃除をしながら「おでかけですか?」と言う“レレレのおじさん”や、「タイホするぞ!」と...

1971秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。