スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > アニメハック編集部コラム > 「メアリと魔女の花」あらすじ、声優まとめ スタジオジブリ制作部門解散から生まれたスタジオポノックの軌跡

特集・コラム 2023年12月15日(金)21:00

「メアリと魔女の花」あらすじ、声優まとめ スタジオジブリ制作部門解散から生まれたスタジオポノックの軌跡

「屋根裏のラジャー」公開日に「金曜ロードショー」で放送

屋根裏のラジャー」公開日に「金曜ロードショー」で放送

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

イメージを拡大

12月15日午後9時から、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて「メアリと魔女の花」が放送されます。

スタジオポノックの最新作「屋根裏のラジャー」(百瀬義行監督)の公開日に放送される同作は、2017年に劇場公開された同社の長編第1作。スタジオポノックは、スタジオジブリで「かぐや姫の物語」「思い出のマーニー」のプロデューサーを務めた西村義明氏がジブリを退社して設立したアニメスタジオです。

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

イメージを拡大

メアリと魔女の花」は、イギリス人作家メアリー・スチュアート氏の児童文学「The Little Broomstick」を原作に、西村氏と同じくジブリ出身で、「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌氏が監督を担当。「SEKAI NO OWARI」による書きおろし主題歌「RAIN」が作品をいろどります。

なお、「金曜ロードショー」の「メアリと魔女の花」放送の後半では、「屋根裏のラジャー」の冒頭4分9秒の映像が放送されます。

本作のあらすじ、主な出演声優とあわせて、スタジオジブリの制作部門解散をきっかけに生まれたスタジオポノックの軌跡を紹介します。

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

イメージを拡大

【あらすじ】
田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で発見する。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるが、メアリがついたある嘘が大きな事件を引き起こしてしまう。

【主な声の出演】

メアリと魔女の花」の主人公メアリを演じた杉咲花さんは「思い出のマーニー」で彩香役、ピーター役の神木隆之介さんは「借りぐらしのアリエッティ」で翔役を演じ、米林監督作品への参加は2回目です。ちなみに、杉咲さんはスタジオポノックの最新作「屋根裏のラジャー」でオーロラ役も演じています。

●メアリ:杉咲花

[あわせて読みたい]「メアリと魔女の花」インタビュー 杉咲花、新時代告げるヒロイン・メアリに命注いだ“魔法の5日間”
https://eiga.com/movie/86158/interview/

●ピーター:神木隆之介

[あわせて読みたい]神木隆之介メアリと魔女の花」に出演 米林宏昌監督と「アリエッティ」以来7年ぶりタッグ
https://eiga.com/news/20170523/2/

●マダム・マンブルチューク:天海祐希

●ドクター・デイ:小日向文世

●赤毛の魔女:満島ひかり

●フラナガン:佐藤二朗

●ゼベディ:遠藤憲一

●バンクス:渡辺えり

●シャーロット:大竹しのぶ

【ジブリの制作部門解散から生まれたスタジオポノック】

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

イメージを拡大

宮崎駿監督の最新作「君たちはどう生きるか」が公開中の現在のスタジオジブリには制作部門がありますが、「風立ちぬ」の公開後の13年9月、宮崎監督の長編監督引退表明にともない、「思い出のマーニー」制作準備の段階でジブリの制作部門の解散が内々に決まっていました。

思い出のマーニー」の公開後、14年末にジブリを退社した西村プロデューサー、米林監督らが立ちあげたのがスタジオポノックです。17年に同社の長編第1作「メアリと魔女の花」が公開され、18年には短編3作のオムニバス劇場アニメ「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」を公開。21年には、短編アニメ映画「Tomorrow’s Leaves」(百瀬義行監督)が公開・配信されました。

[あわせて読みたい]ポノック短編劇場「ちいさな英雄」 百瀬義行監督が「サムライエッグ」で試みた、少年の9年間を描く16分
https://anime.eiga.com/news/107018/

メアリと魔女の花」のスタッフ陣の約8割は、ジブリの元正社員やジブリ作品に携わってきたスタッフだったそうです。宮崎監督、高畑監督、鈴木敏夫プロデューサーの名前が「感謝」という名目でクレジットもされています。ただ、西村プロデューサーや米林監督は3人の力やジブリのブランドには頼らず、自らの力で長編作品をつくりあげました。

本日公開された「屋根裏のラジャー」は、そんなスタジオポノックによる長編第2作です。コロナ禍による制作の遅れとそれに伴うクオリティ維持への懸念などで1年以上の延期を経ての公開となりました。
 今年8月に行われた製作報告会見で西村プロデューサーは、「延期は私の一存で決められることではないが、製作を続行した場合に人件費もかかるし相当な金銭的な負担もあった。完成させるまでに、経営的な挑戦もあり大変な製作だった」と“経営危機”を乗り越えての完成だったことを明かしています。
 大変な製作を経て無事完成した「屋根裏のラジャー」、「金曜ロードショー」後半で放送される冒頭映像もぜひご覧になってみてください。

[あわせて読みたい]スタジオポノック「屋根裏のラジャー」“経営危機”乗り越え完成へ 西村義明プロデューサー「大変な製作だった」
https://eiga.com/news/20230821/10/

参考文献
「メアリと魔女の花 ビジュアルガイド」(KADOKAWA刊)

アニメハック編集部

アニメハック編集部コラム

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花 4

7年に一度しか咲かない花“夜間飛行”。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔女の国へ飛び立つが―。

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「屋根裏のラジャー」公開日に「金曜ロードショー」で放送

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。