スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 週末アニメ映画ランキング > 【週末アニメ映画ランキング】「ドラえもん」21億円、「呪術廻戦 0」133億円突破、「オッドタクシー」は10位発進

特集・コラム 2022年4月5日(火)19:30

【週末アニメ映画ランキング】「ドラえもん」21億円、「呪術廻戦 0」133億円突破、「オッドタクシー」は10位発進

(C) P.I.C.S. / 映画小戶川交通パートナーズ

イメージを拡大

4月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。首位「SING シング ネクストステージ」、2位「映画 おそ松さん」、3位「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021」と上位3本に変動はなかった。公開5週目に入った「ドラえもん」は、土日2日間で動員12万人、興収1億4900万円を記録。累計では動員178万人、興収21億円を突破した。

4位には、4月1日公開の新作「モービウス」がランクイン。同作は、スパイダーマンの敵役として登場するマーベルコミックのキャラクター、モービウスが主人公のダーク・アクションだ。5位は「余命10年」で、第94回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」が前週10位から6位に順位を上げている。

「劇場版 呪術廻戦 0」は7位にワンランクダウンしたが、累計動員は950万人、興収は133億2000万円を突破した。最終興収133億7000万円を記録した国内歴代興収18位の「アナと雪の女王2」に迫っている。

4月1日公開の新作では他に、「東西ジャニーズJr. ぼくらのサバイバルウォーズ」が9位に初登場。そして、「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」は10位スタートとなった。同作は、2021年4月から6月にテレビ東京で放送され、一見するとほのぼのとした動物アニメのようで、中身は本格ミステリーという作風で大きな話題を集めたテレビアニメの劇場版。花江夏樹、飯田里穂、木村良平、山口勝平、お笑いコンビの「ミキ」と「ダイアン」らテレビアニメ版キャスト陣も集結した。

アニメハック編集部

週末アニメ映画ランキング

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ

映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ 3

偏屈で無口な変わり者・小戸川。個人タクシーの運転手として街を流しながらも、なるべく他人と関わらないように、平凡な日々を過ごしていた。ところが、ある日、思い掛けず、「練馬区女子高生失踪事件」に巻き...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。