スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 週末アニメ映画ランキング > 【週末アニメ映画ランキング】「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」が前作上回る今年最高の大ヒット発進、シリーズ累計1180億円突破

特集・コラム 2024年4月16日(火)19:00

【週末アニメ映画ランキング】「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」が前作上回る今年最高の大ヒット発進、シリーズ累計1180億円突破

(C)2024 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

イメージを拡大

4月12日~14日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、4月12日公開の劇場版27作目「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」が、今年最高のオープニング成績で首位を獲得する大ヒットスタートを切った。今回は、「月下の奇術師」の異名を持つ怪盗キッドや、キッドとは因縁のある「西の高校生探偵」こと服部平次が登場し、北海道・函館を舞台に、謎に包まれた日本刀をめぐるミステリーが展開する。
オープニング3日間で動員227万4000人、興収33億5200万円を記録。これはシリーズ最高の興収138.8億円を記録した昨年公開の劇場版26作目「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」とのオープニング3日間対比で106.5%となっており、シリーズ歴代1位の出足。また、シリーズ累計興収も1180億円を超えている。
公開記念舞台挨拶が13日に都内劇場で行われ、声優の高山みなみ山崎和佳奈山口勝平堀川りょう宮村優子、そしてゲスト声優の大泉洋が登壇した。監督は2019年公開の「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」や2021年公開の「名探偵コナン 緋色の弾丸」も手掛けた永岡智佳。

4週連続首位だった「変な家」は2位で、「オッペンハイマー」が3位に順位をひとつ上げた。公開9週目に入った「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」は、累計動員が664万人、興収は95億円を突破している。

前週2位の「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)」は5位で、累計では動員321万人、興収38億円を超えた。公開12週目に入った「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」は前週の9位から6位に順位を上げ、累計では動員262万人、興収44億円を記録している。

7位は「四月になれば彼女は」で、「ゴジラ-1.0」が8位、「ゴーストバスターズ フローズン・サマー」が9位、「オーメン ザ・ファースト」が10位に続いた。なお、「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章」は11位となっている。第4弾入場特典「『デデデデ』特製ビジュアルカード『門出&おんたん』」が12日から配布された。

アニメハック編集部

週末アニメ映画ランキング

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ) 1

北海道・函館にある斧江財閥の冷蔵庫に、怪盗キッドの予告状が届いた。今回キッドが狙うのは、幕末を生きた新選組副長・土方歳三にまつわる日本刀だという。ビッグジュエルを追い求めるキッドが、なぜ刀を狙う...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。