スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 週末アニメ映画ランキング > 【週末アニメ映画ランキング】「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」V2、「劇場版ブルーロック」は2位スタート

特集・コラム 2024年4月23日(火)19:00

【週末アニメ映画ランキング】「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」V2、「劇場版ブルーロック」は2位スタート

(C)2024 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

イメージを拡大

4月19日~21日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」が19日公開の新作に大差をつけて、2週連続で首位を獲得した。週末3日間で動員132万7000人、興収19億2100万円をあげ、累計動員は447万人に迫り、興収は65億円を突破している。4月26日に公開を迎える「ゴジラ×コング 新たなる帝国」との特別コラボビジュアルとコラボムービーが4月18日に公開されたほか、スナック菓子「ベビースターラーメン」やファッション誌「CanCam」(6月号・小学館刊)などとのコラボも展開している。

新作「劇場版ブルーロック EPISODE 凪」は2位スタートを切った。講談社「週刊少年マガジン」連載の人気サッカー漫画を原作に、「ブルーロック(青い監獄)」に集められた300人の高校生FW(フォワード)が世界一のストライカーを目指して戦う姿を描くテレビアニメ「ブルーロック」の劇場版。オープニング3日間で動員33万7000人、興収4億6300万円を記録している。公開1週目入場特典として、原作漫画の作画を手がける三宮宏太氏の描き下ろし漫画「ANOTHER ブルーロック ‐EPISODE 原宿‐」が配布された。

3位は新作「陰陽師0」で、公開10週目に入った「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」は4位をキープしている。第5弾入場者特典として、原作者・古舘春一氏によるイラストを用いた原作単行本第37巻の「掛け替えカバー」が20日から配布された。累計動員は683万人、興収は97億円を突破し、興収100億円超えが見えてきている。

5位は「変な家」。「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)」は6位で、「オッペンハイマー」が7位、「四月になれば彼女は」が8位、「ゴジラ-1.0」が9位となった。そして、公開13週目に入った「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」は10位に踏みとどまっている。第13弾入場特典として「『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』コマフィルムvol.1~3(復刻ver.)」が配布された。

アニメハック編集部

週末アニメ映画ランキング

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハックヘンシュウブ)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

作品情報

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ) 1

北海道・函館にある斧江財閥の冷蔵庫に、怪盗キッドの予告状が届いた。今回キッドが狙うのは、幕末を生きた新選組副長・土方歳三にまつわる日本刀だという。ビッグジュエルを追い求めるキッドが、なぜ刀を狙う...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組