スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 大好きなあの人に奥行きが♡この2.5次元がすごい > 【この2.5次元がすごい】新生烏野がみせる進化した舞台 ハイステ最新作「飛翔」

特集・コラム 2019年11月18日(月)19:00

【この2.5次元がすごい】新生烏野がみせる進化した舞台 ハイステ最新作「飛翔」

(C) 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

2.5次元舞台といえば、舞台がシリーズ化することで起こり得るのがキャストの変更です。キャストの変更というのはそわそわしてしまうもの。やはり、継続していく物語の中でキャストの変更というのは作品そのものの印象も変わってしまうのではいう一抹の不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を原作としたハイパープロジェクション演劇「ハイキュー‼︎」は今作から新しいキャストによる新生・烏野高校として動き出すということで上演が発表されたころから大きな話題を集めていました。

そして11月1日から開幕したのがハイステこと「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』飛翔」。主人公の日向翔陽を新たに演じるのは醍醐虎汰朗さんです。新生烏野の始動に居ても立っても居られず、さっそく会場に向かいました。

今作では春高出場を決めた烏野高校が、全国での試合を前に合宿などでそれぞれ成長していく姿を描いています。演出・脚本を手掛けているウォーリー木下さんは公演前の発表会で「今作は試合は少ないですが、演劇として面白いところがたくさんあると思います」と話していました。春高という今まで目指していた全国での試合を目前に、選手たちが自身のバレーボールと向き合う場面が多く、技術だけでなく心の成長を見ることができる原作でも大切な物語です。

映像・演出・音楽すべて新しい、演劇「ハイキュー‼」︎

(C) 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

ハイステといえば、原作のイラストやセリフがセットに映し出されたり、ステージの真ん中でぐるぐると回転したりするセットも大きな特徴でした。今回はそれがすべて一新。劇場についてすぐに気がついたのは舞台の上に設置されているインパクトのあるLEDパネルです。今までとは違うハイステが始まるんだなという予感で期待が高まります。実際にパネルを使っての演出では、その映像の美しさに舞台の奥行きがもっと広がって見えるようでした。また、今までの舞台でも学校ごとに特徴を捉えたダンスによって各校の強さを象徴していたハイステですが、今回はよりストーリーの一部として表現されているよう。すべて新曲の音楽も舞台を盛り上げていました。

(C) 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

高校生たちの青春と成長を描いている「ハイキュー‼︎」では、登場人物全員が強くなるために悩み努力する姿が熱く、そこが人気のひとつでもあります。今回は日向が参加する合宿と、赤竜之輔さんが演じる影山飛雄が参加する全国ユース合宿のふたつが並行して舞台で描かれています。宮城と東京という離れた場所で、それぞれがまた同じコートで試合をするためにバレーボールに向き合っているように感じさせてくれる演出は見事でした。

「繋ぐ」をキーワードに物語もカンパニーも進んでいく

バレーボールといえば、そして「ハイキュー‼」︎といえばキーワードはやはり「繋ぐ」。醍醐さんは公演前に「烏野は全員新しいキャストになり、演出も変わった部分が多いですが、スポーツものならではの熱量や躍動感はこれまでのものを引き継ぎつつ、さらに進化できるようチャレンジしています」と話していましたが、その通り今までの繋がりを大切にしながらも進化している様子がよくわかりました。月島蛍役の山本涼介さんも「これまでのキャストの気持ちも背負って精一杯がんばりたいです」と話していましたが、ハイステが今まで築き上げてきた歴史や思いはファンにとっても大切なもの。それぞれの役や物語に向き合っているキャストのみなさんの熱意に圧倒されてしまいました。

(C) 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

原作ではいよいよ終章に入った「ハイキュー‼」︎。未来を知っているからこそ彼らの眩しい青春を応援させてもらうような気持ちで劇場に向かいましたが、変わるものと変わらないもの、そのどちらも感じることができる舞台でした。4周年を迎え、上演回数も通算300回を超えたハイステ。最新作は大阪、宮城公演を経て12月6日より東京凱旋公演と続きます。

西岡 舞子

大好きなあの人に奥行きが♡この2.5次元がすごい

[筆者紹介]
西岡 舞子(ニシオカ マイコ)
オーストラリアのGriffithUniversityでジャーナリズムと犯罪心理学を学び、卒業後は出版やエンタメに携わる。舞台も音楽も仕事のあとの一杯もやっぱり生が好き! いい舞台は何度もみたいし、記念に公演グッズも買っちゃう派です。好きな動物は猫とペンギンで好きな大福はいちご大福。

イベント情報・チケット情報

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』2019秋【宮城公演・1回目】 Check-in0
開催日
2019年11月22日(金)
時間
19:00開始
場所
多賀城市民会館(宮城県)
出演
醍醐虎汰朗, 赤名竜之輔, 山本涼介, …

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。